トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年7月 > ニッセイ財団による「児童・少年の健全育成助成団体」と「生き生きシニア活動顕彰団体」が決定  知事と財団理事長が出席し、目録贈呈式を行います

ページ番号:154188

発表日:2019年7月2日14時

ここから本文です。

県政ニュース

ニッセイ財団による「児童・少年の健全育成助成団体」と「生き生きシニア活動顕彰団体」が決定  知事と財団理事長が出席し、目録贈呈式を行います

部局名:県民生活部
課所名:青少年課
担当名:企画・非行防止担当
担当者名:青山、望月

内線電話番号:2904
直通電話番号:048-830-2905
Email:a2905@pref.saitama.lg.jp

益財団法人日本生命財団(ニッセイ財団)は全国で青少年健全育成団体への助成及び高齢者が主体となって地域活動を行う団体への顕彰を行っています。このたび、県内で児童・少年の健全育成助成を受ける8団体と生き生きシニア活動顕彰を受ける6団体が決定しました。知事とニッセイ財団理事長が出席し、7月8日(月曜日)に知事公館で目録贈呈式を行います。

贈呈式の概要

1 日時

令和元年7月8日(月曜日)10時30分~11時10分

2 会場

知事公館大会議室

3 出席者

  • 児童・少年の健全育成助成  8団体(別紙(PDF:67KB)のとおり)
  • 生き生きシニア活動顕彰  6団体(別紙(PDF:67KB)のとおり)
  • 甲斐 啓史  公益財団法人日本生命財団理事長
  • 三田村 研吾  日本生命保険相互会社さいたま支社長
  • 上田 清司  埼玉県知事

参考情報

公益財団法人日本生命財団(ニッセイ財団)が行う青少年健全育成団体への助成・顕彰について

益財団法人日本生命財団は、人間性・文化性があふれる社会の建設に役立つことを目的として、昭和54年7月に設立されました。この目的を達成するため、児童・少年の健全育成や高齢者の福祉と社会参加等の事業や研究に対して助成を行っています。

児童・少年の健全育成の分野においては、昭和54年以来、次代を担う児童・少年がたくましく心豊かに成長するために、定期的・継続的に活動している地域の民間団体・グループに対して、都道府県知事の推薦に基づき毎年助成しています。

また平成19年度には、「生き生きシニア活動顕彰」が創設されました。元気な高齢者が主体となりその知識や経験を活かして取り組む、地域貢献・社会貢献活動を対象としており、都道府県知事の推薦に基づき顕彰しています。

埼玉県内の各団体への助成は、昭和54年度から令和元年度までの累計で、394団体、2億7、207万円になります。また顕彰は、平成19年度から令和元年度までの累計で、70団体になります。

県政ニュースのトップに戻る