トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年7月 > 埼玉ピースミュージアム  収蔵品展  「昭和の暮らし  -戦時と戦後-」の開催

ページ番号:154411

発表日:2019年7月4日14時

ここから本文です。

県政ニュース

埼玉ピースミュージアム  収蔵品展  「昭和の暮らし  -戦時と戦後-」の開催

部局名:県民生活部
課所名:広聴広報課
担当名:企画調整・ウェブ担当 平和資料館駐在
担当者名:西口正純

直通電話番号:0493-35-4111
Email:a2840-37@pref.saitama.lg.jp

  埼玉ピースミュージアム(埼玉県平和資料館)では、平成5年8月の開館以来、戦争の悲惨さと平和の尊さを後世に伝えるために、戦争に関する資料や戦前から戦後期の生活用具などについて、調査・収集・保存・展示を続けてきました。

  今回のテーマ展では、戦時・戦後の館有資料約130点を展示します。今当たり前になっている私たちの生活と、戦時や終戦直後の暮らしがどう違っていたのかをご覧いただき、平和な暮らしの尊さを感じていただこうとするものです。

  なお、この会期中、「戦時中の体験を聞く会」などのイベントも多数開催します。

  入館・イベント参加は無料です。ぜひ、お出かけください。

収蔵品展の概要

1 会期

令和元年7月13日(土曜日)~令和元年12月15日(日曜日)

2 会場

埼玉ピースミュージアム(埼玉県平和資料館)企画展示室

3 主な展示資料

疎開児童の絵、布製のランドセル、子供用『防空ノ絵本』など

4 出品点数

約130点

190704-0201

期間中の主なイベント(参加無料)

戦時中の体験を聞く会(定員160名:先着順)

戦争を体験された方に、雪降る中の空襲を裸足で必死に逃げ惑った経験をお話ししてもらいます。

  • 8月11日(日曜日)13時30分~14時30分

夏休みピースチャレンジ(定員制限なし、随時受付)

アニメ鑑賞・展示見学・ミニ授業の3つのチャレンジを達成すると、平和大使認定証がもらえます。夏休みの自由研究に活用できます。

  • 8月7日(水曜日)~10日(土曜日)、8月14日(水曜日)、15日(木曜日)

戦争体験証言者ビデオ上映会(定員160名:先着順)

戦争を体験された方が、御自身の経験を語るビデオを上映します。

  • 7月28日(日曜日)
  • 8月16日(金曜日)
  • 12月7日(土曜日)

各日10時20分~10時50分・13時35分~14時05分

ピースコンサート(定員160名:先着順)

プロ奏者による弦楽四重奏コンサートです。

  • 9月22日(日曜日)開演14時(開場13時30分)

【参考  チラシ表(PDF:1,757KB)裏(PDF:670KB)

埼玉ピースミュージアム(埼玉県平和資料館)の御案内

[開館時間]   9時~16時30分(入館は16時まで)

[休館日]   毎週月曜日(休日の場合は開館し、直後の平日を休館)

              9月10日(火曜日)~13日(金曜日)は臨時休館

[入館料]   無料

[アクセス]  〔電車〕

                 東武東上線高坂駅西口から「鳩山ニュータウン行き」バス8分

                「大東文化大学」下車徒歩5分

                〔自動車〕

                 関越自動車道東松山ICから約15分、鶴ヶ島ICから約25分、

                 坂戸西ICから約15分(ETC装着車のみ)

県政ニュースのトップに戻る