トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年7月 > 熱中症予防リストバンドを活用した実証実験を実施します!

ページ番号:155007

発表日:2019年7月17日14時

ここから本文です。

県政ニュース

熱中症予防リストバンドを活用した実証実験を実施します!

部局名:保健医療部
課所名:健康長寿課
担当名:健康増進・食育担当
担当者名:堀

内線電話番号:3580
直通電話番号:048-830-3585
Email:a3570-10@pref.saitama.lg.jp

  今年度、健康長寿課、オリンピック・パラリンピック課、温暖化対策課、環境科学国際センターの4課所では、「熱中症予防リストバンド」を活用した実証実験を実施します。

  日常生活の様々な場面で実証実験を実施することで、熱中症発生の傾向を把握し、より効果的な熱中症予防対策に役立てることを目的としています。

<熱中症予防リストバンドとは>

手首に装着し、体内の「熱ごもり指数(※)」を計測。熱中症になる手前でアラートが鳴ることで、予防行動を促し熱中症を防ぐ(Biodata Bank株式会社により開発・製造)。

 

※熱ごもり指数・・・熱中症予防リストバンドの特殊なセンサーで計測したデータにより推計したBiodata Bank株式会社独自の熱中症リスクを示す指数。

190717-0501

1  実施事項

(1)健康長寿課

対象:県内5市町(行田市、蓮田市、幸手市、横瀬町、小鹿野町)に居住する高齢者(1市町30名程度)

時期:令和元年7月中旬~8月中旬の3日間

内容:日常生活の中で着用することで、高齢者の熱中症発生の傾向を把握し、より効果的な熱中症注意喚起等に役立てる。

(2)オリンピック・パラリンピック課

対象:オリンピック1年前イベントと同時開催する「暑さ対策の実験」に従事する職員

時期:令和元年7月20日(土曜日)、21日(日曜日)

内容:暑熱環境下でスタッフが着用し、効果を検証することで大会本番でのボランティア活動やイベント運営に役立てる。

(3)温暖化対策課・環境科学国際センター

対象:暑熱環境下で業務に従事する職員

時期:令和元年7月下旬~8月上旬の1日実施

内容:暑熱環境下での業務における熱中症リスクの推移、日傘の有無での熱中症リスクの違いを把握し、熱中症注意喚起等に役立てる。

2  その他

令和元年10月頃を目途に、実証実験の結果報告会の開催を予定しています。

※各課取組は、下記ホームページを参照ください。

健康長寿課HP「熱中症を予防しましょう」

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0704/netsuchusyo/

オリンピック・パラリンピック課HP

「埼玉で開催!1年前イベント~Tokyo 2020 1 Year to Go!~」

https://www.saitama2020.com/

温暖化対策課HP「『暑さ対策』としての日傘の普及啓発」

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0502/higasa/higasa.html

【参考】埼玉県の熱中症による救急搬送者状況

(平成30年及び令和元年共に5月1日~6月30日の間)

救急搬送者数

平成30年  581人

令和元年  488人 

救急搬送者数に占める高齢者(満65歳以上)の割合

平成30年  55.2%

令和元年  46.3%

発生地別救急搬送者の割合

平成30年  住居33.9%、道路22.4%、公衆(屋外)12.9%

令和元年  住居31.7%、道路18.4%、教育機関14.1% 

<各課問合せ先>

保健医療部  健康長寿課

担当  健康増進・食育担当  堀

直通  048-830-3585(内線 3580)

E-mail:a3570-10@pref.saitama.lg.jp

 

県民生活部  オリンピック・パラリンピック課

担当  気運醸成担当  今野

直通  048-830-2881(内線 2883)

E-mail:a2880-02@pref.saitama.lg.jp 

 

環境部  温暖化対策課

担当  埼玉ナビゲーション担当  相澤・安西

直通  048-830-3037 (内線3032)

E-mail:a3030-11@pref.saitama.lg.jp

 

環境部  環境科学国際センター

担当  温暖化対策担当  原

直通  0480-73-8367

E-mail:g738331 @pref.saitama.lg.jp

県政ニュースのトップに戻る