トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年7月 > 県立浦和北高校 埼玉大学との高大連携事業 「埼玉大学夏季インターンシップ」を実施します

ページ番号:155049

発表日:2019年7月18日14時

ここから本文です。

県政ニュース

県立浦和北高校 埼玉大学との高大連携事業 「埼玉大学夏季インターンシップ」を実施します

部局名:教育局
課所名:浦和北高校
担当名:教頭
担当者名:深井 秀仁

直通電話番号:048-855-1000
Email:p551000@pref.saitama.lg.jp

県立浦和北高校では、埼玉大学との高大連携事業を実施します。この事業では「社会とAI」をテーマに埼玉大学大学院理工学研究科教授 綿貫 啓一 氏と大学院生の指導のもとに、本校生徒が研究活動を行います。

界最先端の研究・技術に触れることで、生徒の自然科学に対する興味・関心や探究力を育成するとともに、理工系学部を目指す生徒の志を高めていきます。

1 日時

令和元年8月6日(火曜日)~8月8日(木曜日)9時00分~15時00分

2 場所

埼玉大学 (〒338-8570  埼玉県さいたま市桜区下大久保255)

研究機構棟  7階大会議室(開講式、成果発表会)

総合研究棟ヒューマンインターフェイス研究室(インターンシップ)

3 参加者

県立浦和北高校生徒6名

4 テーマと内容

(1)テーマ「社会とAI」

(2)内容

人工知能やヒューマンインターフェイス技術をどのようにしたら人々の社会生活の中に取り入れることができるのか。また、それらの技術を超高齢社会における安全・安心などの社会的課題の解決に役立たせ、生活の質(QOL)向上に貢献させることができるのかについて学びます。主体的・対話的で深い学びを実践し、先進の科学技術に挑戦します。

5 その他

(1)高校生1人に埼玉大学の大学院生複数名がチューターとして指導を行います。

(2)埼玉大学大学院理工学研究科のヒューマンインターフェイス研究室および先端産業国際ラボラトリーを中心とした世界最先端の研究・技術に触れ、自然科学に対する探究心を育成します。

県政ニュースのトップに戻る