トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年7月 > 県立日高特別支援学校 防災体験プログラムの開催について 防災について考え、学びませんか?

ページ番号:155053

発表日:2019年7月18日14時

ここから本文です。

県政ニュース

県立日高特別支援学校 防災体験プログラムの開催について 防災について考え、学びませんか?

部局名:教育局
課所名:県立日高特別支援学校
担当名:教頭
担当者名:前之園

直通電話番号:042-985-4391
Email:f854391@pref.saitama.lg.jp

校には身体の不自由な児童生徒が多く在籍しています。例えば地震発生時、身を守ろうとしても車椅子を利用していると、すぐには机の下に潜れません。障害があり咀嚼の難しい子供であると、避難所で配給される乾パン等を食べるのは困難になります。こうしたことから本校では防災対策や防災教育に力を入れています。

回で6回目となる防災体験プログラムは、消防士など各専門団体の方々に御協力を頂きながら、保護者の皆様、地域の方々と教職員が一緒になって“防災について考える機会”にしたいと考えています。

1 日時

令和元年7月24日(水曜日)午前9時30分から正午まで

2 場所

県立日高特別支援学校(日高市高富59-1)

3 内容

(1)主な日程

9時45分始まりの会10時00分オリエンテーション

10時20分防災体験開始11時40分終わりの会12時00分終了

(2)参加者

本校教職員、本校児童生徒・PTA、学校関係者、近隣地域住民、地域の小中学生、地域ボランティア等

(3)協力団体

埼玉県防災士会、光の家療育センター、日高市社会福祉協議会、イオン狭山店、NTT東日本、日高市危機管理課、埼玉県河川砂防課、埼玉県国際課、宇賀神溶接工業所、飯能日高消防署高萩分署、埼玉県防災学習センター、Cocore、みやぎセルプ共同受注センター、埼玉新聞社 他

(4)体験プログラム内容

ア  防災体験コーナー(防災スタンプラリー)
  • 学校内:避難所受付、避難所体験、非常食調理&試食、災害用物品展示・体験心肺蘇生、「イツモ防災」(小学生版・大人版プログラムを使用)、日高市社協ブース、ハンドバイク、災害時のやさしい日本語表記、災害時医療相談、ユニバーサル防災迷路、高齢者体験、水を使わないトイレ体験、段ボールベット組み立て防災クラフト(灯り作り)、171ビックフォン体験、防災ゲーム、震災体験記録展示、災害時の障害別の対応パネル展示、ロープワーク、
  • 学校外:煙体験投てきバックを使った消火体験
イ 学区内のハザードマップの展示

県政ニュースのトップに戻る