トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年7月 > 川の博物館の大水車が、「日本一の大きさ」になって完成しました!7月28日に「大水車竣工記念式典」と「かわはく夏まつり」を開催

ページ番号:155139

発表日:2019年7月19日14時

ここから本文です。

県政ニュース

川の博物館の大水車が、「日本一の大きさ」になって完成しました!7月28日に「大水車竣工記念式典」と「かわはく夏まつり」を開催

部局名:教育局
課所名:文化資源課
担当名:博物館担当
担当者名:渡辺

内線電話番号:6912
直通電話番号:048-830-6912
Email:a6910-13@pref.saitama.lg.jp

立川の博物館のシンボルである大水車は、老朽化が進行し水輪部が腐食したため、平成27年7月以降、稼働を停止させていました。

成29年8月から改修工事を始めて、今月で丸2年が経ちますが、直径24.2mの日本一大きな水車として無事、完成しました。

7月28日(日曜日)には「大水車竣工記念式典」と「かわはく夏まつり」を開催します。さらに夏休みにはたくさんのイベントも行います。

本一の大水車が動く姿は圧巻です。是非、大迫力の水車を見に来て下さい。

1 行事の概要

(1)大水車竣工記念式典

ア 日時

令和元年7月28日(日曜日)10時から10時45分まで

イ 場所

県立川の博物館  大水車付近の噴水広場(埼玉県寄居町小園39)

ウ 費用(入場料)

入場料一般410円、高校生・学生200円

中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

特別展及び常設展も観覧できます。

エ 出席者

来賓者  県議会議長、寄居町長、ほか

主催者  知事ほか

オ 内容

式辞、祝辞、学芸員による水車の解説、水車を回したり、くす玉開披などを行います。

※式典と併せて、地域の皆様による記念行事(秩父屋台囃子の演奏など)が行われます。

 (2)かわはく夏まつり

和元年7月28日(日曜日)に毎年恒例の「かわはく夏まつり」を行います。

年は、川越祭り囃子の実演や、アルカスクイーン熊谷の選手たちとのラグビー体験のほか、子供たちに人気の「金魚すくい体験」や「竹の水鉄砲的当てゲーム」など、多数イベントを用意しています。

詳しくはホームページ(http://www.river-museum.jp/)を御覧ください。

2 夏休みのイベントの紹介

の博物館では通常月曜日が休館日となっていますが、7月と8月は休館日がありません。毎日開館しています。そして、夏休みということもあり、たくさんのイベントを行います。大水車リニューアル記念事業として、大水車を作った木材の端材を利用して、木工品を作るイベントも予定しています。

(1)水車のオルゴールをつくろう

日時  8月2日(金曜日)

1) 10時00分~11時00分  2) 12時00分~13時00分  3)14時00分~15時00分

場所  川の博物館(ふれあいホール)

内容  メロディにのせて、水車が回る仕掛けのオルゴールを作ります。

対象  どなたでも参加できます。

定員  各回10名

費用  2,800円(材料費等)

(2)走る!帆掛け船をつくろう

日時  8月9日(金曜日)

1)10時30分~11時00分  2) 11時30分~12時00分  3)13時30分~14時00分

場所  川の博物館(ふれあいホール)

内容  ゴム動力のスクリューが付いた帆掛け船を作ります。

対象  どなたでも参加できます。

定員  各回10名

費用  500円(材料費等)

(3)木のおもちゃ箱をつくろう

日時  8月16日(金曜日)

1) 10時00~11時00分  2) 12時00~13時00分  3)14時00~15時00分

場所  川の博物館(ふれあいホール)

内容  幅35cm×長さ40cm×高さ10cmの木のおもちゃ箱を作ります。

対象  どなたでも参加できます。

定員  各回10名

費用  2,200円(材料費等)

(4)動く!木のおもちゃをつくろう

日時  8月23日(金曜日)

1) 10時00~11時00分  2) 12時00~13時00分 3)14時00~15時00分

場所  川の博物館(ふれあいホール)

内容  ハンドルを回すとアヒルの親子が泳ぐようにみえるおもちゃを作ります。

対象  どなたでも参加できます。

定員  各回10名

費用  2,300円(材料費等)

(5)利き水体験

日時  8月1日(木曜日)

1) 10時00~12時00  2) 13時00分~15時00分

場所  川の博物館

内容  利き水をしながら、水の性質や大切さを学びます。

対象  どなたでも参加できます。

費用  なし

(6)かわせみ河原の石ころ話

日時  8月18日(日曜日) 13時30分~15時30分

場所  川の博物館(荒川情報局)

内容  かわせみ河原で見つけられる、代表的な石の名前と特徴を お話しします。

対象  どなたでも参加できます。

費用  なし

(7)伝統漁法体験

日時  8月22日(木曜日)

1)10時00~12時00分  2)13時30~15時30分 

場所  かわせみ河原(川の博物館の隣です)

内容  立ち込み釣りや投網(とあみ)など、昔から行われていた漁法を体験します。

対象  小学校3年生以上

費用  500円(保険料等)

 

※上記の関連イベントのうち、(1)~(4)及び(7)は事前参加申し込みが 必要です。(1)~(3)は現在申し込みを受け付けています。

また、(4)は7月23日(火曜日)から、(7)は7月22日(月曜日)から電話、FAX、電子メール、ホームページのイベント参加申し込みフォームのいずれかの方法で申し込みください。

詳しくはホームページ(http://www.river-museum.jp/)を御覧ください。

なお、記念品として水車と同じ木材で作ったキーホルダー(限定品)を1つ200円で販売しております。こちらもどうぞよろしくお願いします。

3 開館時間

7月20日~8月31日の期間

9時00分~17時30分(土日祝日及び8月11日~8月15日は18時まで開館)

通常期間  9時00分~17時00分

※入館は閉館の30分前まで

4 交通案内

自動車  関越自動車道花園ICから8分

電車+徒歩  東武東上線鉢形駅下車徒歩20分

5 駐車料金

普通車300円  バス1,020円

※ 障害者手帳等をお持ちの方は無料。

6 問合せ先

2、3、5(2)については、

文化資源課  博物館担当

電話  048-830-6912  ファックス  048-830-4965

その他については、

県立川の博物館

電話  048-581-7333  ファックス  048-581-7332

e-mail  web-master@river-museum.jp

※諸事情により開館時間、イベントの内容などが予告なく変更、または中止になることがあります。

県政ニュースのトップに戻る