トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年7月 > 「第50回彩の国さいたま愛の血液助け合いの集い」を開催 埼玉県の献血功労団体等を表彰します

ページ番号:155397

発表日:2019年7月25日14時

ここから本文です。

県政ニュース

「第50回彩の国さいたま愛の血液助け合いの集い」を開催 埼玉県の献血功労団体等を表彰します

部局名:保健医療部
課所名:薬務課
担当名:薬物対策・献血担当
担当者名:芝、笠原

内線電話番号:3635
直通電話番号:048-830-3635
Email:a3620-16@pref.saitama.lg.jp

では、7月から8月の2ヶ月間を愛の血液助け合い運動期間とし、広く県民に献血への理解と協力を求める取組を実施しています。

その取組の一つとして、献血運動に積極的に協力された個人や団体を表彰する「彩の国さいたま愛の血液助け合いの集い」を開催します。

また、この集いでは、中学生を対象とした「献血推進ポスターコンクール」の受賞者を表彰し、優秀作品を会場に展示するとともに舞台上スクリーンでも紹介します。

「第50回彩の国さいたま愛の血液助け合いの集い」の概要

(1)開催日

令和元年7月30日(火曜日)13時30分から15時30分

(2)開催場所

埼玉会館 小ホール(さいたま市浦和区高砂3-1-4)

JR浦和駅から徒歩約6分

(3)主な内容

主催者あいさつ(埼玉県副知事  奥野立)

献血功労者の表彰

  • 厚生労働大臣表彰状の伝達  3団体
  • 厚生労働大臣感謝状の伝達  11団体
  • 埼玉県知事感謝状の贈呈  23団体
  • 日本赤十字社献血功労章の伝達
  • 埼玉県赤十字血液センター所長感謝状の贈呈

献血推進ポスターコンクール(中学生)の表彰

  • 知事賞  4名
  • 保健医療部長賞  30名
  • 埼玉県赤十字血液センター所長賞  51名

来賓祝辞

体験発表

誓いのことば

アトラクション

  • アトラクション出演者とプロフィール

【大宮アルディージャ クラブアンバサダー 塚本泰史 さん】

埼玉県出身。2008年よりJリーグ大宮アルディージャに加入。09年にはリーグ戦21試合に出場し2得点を挙げチームの中心選手に成長。しかし10年、年初めのメディカルチェックにて病気(骨肉腫)が発覚。同年3月に人工関節を移植する手術が行われ、その後も抗がん治療を行い完治。現在「もう一度ピッチに立つ」という目標のもと、リハビリを続けている。

【友寄 蓮 さん】

高校2年生の時に急性リンパ性白血病を発症し、約1年4カ月にわたって闘病生活を経験。退院後は、映画や舞台、CMなどで活躍中。また、自らの闘病経験を活かしたボランティア活動にも従事している。

(4)主催

埼玉県、日本赤十字社埼玉県支部

(5)後援・協賛

【後援】

埼玉県教育委員会・埼玉県警察本部・埼玉県市長会・埼玉県町村会・一般社団法人埼玉県医師会・一般社団法人埼玉県歯科医師会・一般社団法人埼玉県薬剤師会・埼玉県薬事団体連合会

【協賛】

健康保険組合連合会埼玉連合会・埼玉県国民健康保険団体連合会・社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会・一般財団法人埼玉県交通安全協会

(6)参加予定者

約250人

県政ニュースのトップに戻る