トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年7月 > 平成30年度埼玉県消費生活相談年報まとまる はがきによる架空請求が2年連続で大幅に増加

ページ番号:155463

発表日:2019年7月26日11時

ここから本文です。

県政ニュース

平成30年度埼玉県消費生活相談年報まとまる はがきによる架空請求が2年連続で大幅に増加

部局名:県民生活部
課所名:埼玉県消費生活支援センター
担当名:相談担当
担当者名:氏家

直通電話番号:048-261-0978
Email:m430877@pref.saitama.lg.jp

玉県及び県内市町村では、県民の皆様から消費生活に関する相談を受け付け、解決のためのアドバイスや事業者とのあっせんを行っています。

このたび、平成30年度に県及び県内市町村で受け付けた消費生活相談の内容をとりまとめた平成30年度消費生活相談年報を作成しました。

受け付けた相談件数は58,683件で、前年度50,426件に比べ8,257件(16.4%)の増加となりました。

要は以下のとおりです。

なお、年報はホームページに掲載しています。

https://www.pref.saitama.lg.jp/b0304/nenpou/

相談の概要

1 はがきによる架空請求に関する相談が大幅に増加しました。

  •  「民事訴訟管理センター」等をかたる者から「総合消費料金未納分訴訟最終告知」などのはがきが届いたという相談が29年度の5,442件から、30年度は12,457件となり大幅に増加しました。
  • 大部分が50歳以上の女性からの相談でした。(⇒P35)

2情報商材に関する相談が依然として増加しています。

  • 30年度は530件で29年度から170件増加しました。
  •  「簡単で必ず儲かる方法を教える」と言われ契約したが、話が違ったなどの相談が増加しています。 (⇒P37)

3 電話勧誘に関する相談が増加しました。

  • 29年度に比べ454件(21.3%)増加し、30年度は2,585件の相談が寄せられました。
  • 「インターネット接続回線」と「電気」に関する相談が大きく増加しました。
  • 70歳以上の相談割合が約4割を占めます。(⇒P15)

相談窓口

約についておかしいなと感じたり、トラブルに巻き込まれてしまった場合には、すぐに、消費者ホットライン又は最寄りの消費生活支援センターに相談してください。

消費者ホットライン 【全国共通】188(いやや)

消費生活支援センター(川口)048-261-0999

消費生活支援センター川越  049-247-0888

消費生活支援センター春日部  048-734-0999

消費生活支援センター熊谷  048-524-0999

【相談時間】月・火・水・木・金(※川口は土も受付)  午前9時~午後4時

県政ニュースのトップに戻る