トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年7月 > 先端産業創造プロジェクト 【新規】スマートモビリティ実証への補助3件を決定 【新規】医療機器等事業化への補助4件を決定

ページ番号:155487

発表日:2019年7月26日14時

ここから本文です。

県政ニュース

先端産業創造プロジェクト 【新規】スマートモビリティ実証への補助3件を決定 【新規】医療機器等事業化への補助4件を決定

部局名:産業労働部
課所名:先端産業課
担当名:推進担当
担当者名:木村、田村、鈴木

内線電話番号:3931
直通電話番号:048-830-3737
Email:a3760-03@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では新たな成長産業を創り出す「先端産業創造プロジェクト」に取り組んでいます。このたび、埼玉県内において、将来の事業化を目指して行うスマートモビリティの実証を支援する「埼玉県スマートモビリティ実証補助金」の採択先を決定しました。

また、県内中小企業における医療機器等の事業化を支援する「医療機器等事業化支援補助金」の採択先を決定しました。

1 スマートモビリティ実証補助の採択3件を採択先として決定

埼玉高速鉄道株式会社(さいたま市)

学校法人智香寺学園埼玉工業大学(深谷市)

株式会社ビコー(入間郡毛呂山町)

※()内の市町村名は本社又は県内事業所等の所在地

2 医療機器等事業化支援補助の採択4件を採択先として決定

アトムメディカル 株式会社(さいたま市)

株式会社 コスミックエムイー(川口市)

株式会社 ティーアールエス(越谷市)

テクノウッド 株式会社(草加市)

※()内の市町村名は本社又は県内事業所等の所在地

補助金の概要

埼玉県スマートモビリティ実証補助金について

概要  スマートモビリティ実証への助成

対象者  企業、大学、研究機関等

補助金額  上限2,000万円

補助率  2分の1

対象事業  埼玉県内において、将来の事業化を目指して行うスマートモビリティ実証

募集期間  令和元年5月20日(月曜日)~6月21日(金曜日)

審査  審査会(プレゼンテーション審査)を実施

医療機器等事業化支援補助金について

概要  医療機器等の事業化への助成

対象者  県内中小企業

補助金額  上限500万円

補助率  2分の1

補助対象  開発した医療機器等の事業化に必要な、非臨床・臨床試験、薬事等に関する相談・審査、試験結果に基づく製品の改良等に係る費用。

募集期間  令和元年5月24日(金曜日)~6月21日(金曜日)

審査  書類審査を実施

補助事業テーマについて

【埼玉県スマートモビリティ実証補助金】

企業名

本社・事業所

所在地

補助事業テーマ

埼玉高速鉄道(株)

さいたま市

2019年浦和美園駅周辺における自動運転

公道実証実験

埼玉工業大学

深谷市

公道走行可能な自動運転バスの実験車両とAIの実用化・市販化

(株)ビコー

入間郡

毛呂山町

自動運転バスの社会実装に向けた計画策定と

実証試験の実施

 

 

【医療機器等事業化支援補助金】

企業名

本社・事業所

所在地

補助事業テーマ

アトムメディカル(株)

さいたま市

アイリスモニタ後継機の胎児心電モニタ(仮称)開発

(株)コスミックエムイー

川口市

今までにない超微量の造影剤の注入を可能としたマイクロインジェクターの開発

(株)ティーアールエス

越谷市

膵胆管などの内視鏡診断・治療で使用する非血管用ガイドワイヤの開発

テクノウッド(株)

草加市

心臓外科手術のための人工心肺回路セット開発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※事業の詳細等は、以下のホームページを参照してください。

埼玉県スマートモビリティ実証補助金

https://www.saitama-leading-edge-project.jp/news/archives/269

医療機器等事業化支援補助金

https://www.saitama-leading-edge-project.jp/news/archives/268

問い合わせ先

埼玉県 産業労働部 先端産業課 推進担当木村、田村、鈴木

電話 048-830-3737(内線:3931)

E-mail a3760-03@pref.saitama.lg.jp

県政ニュースのトップに戻る