トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 住宅用太陽光発電  目指せ全国1位へ!  太陽電池メーカーと「住宅用太陽光埼玉あんしんモデル協働事業に関する協定」を締結

ページ番号:167786

発表日:2019年11月5日14時

ここから本文です。

県政ニュース

住宅用太陽光発電  目指せ全国1位へ!  太陽電池メーカーと「住宅用太陽光埼玉あんしんモデル協働事業に関する協定」を締結

部局名:環境部
課所名:エネルギー環境課
担当名:住宅等省エネルギー推進担当
担当者名:中山、山本

内線電話番号:3068
直通電話番号:048-830-3068
Email:a3170-03@pref.saitama.lg.jp

  埼玉県は、平成28年度から太陽電池メーカーの協力の下、地元の販売店や施工店とともに住宅用太陽光発電設備の普及に取り組んでいます。埼玉県の住宅用太陽光発電設備の設置数は144,307基(2019年3月末時点)であり、愛知県に次ぐ全国第2位に位置しています。

  このたび、新たにハンファQセルズジャパン株式会社を協定締結事業者に加えて、太陽電池メーカー6社と協定を締結します。県民の皆様が太陽光発電を安心して設置できる環境を創り出し、さらなる住宅用太陽光発電の普及を目指します。

1 協定の概要

(1)名称

「住宅用太陽光埼玉あんしんモデル協働事業」

(2)目的

環境にやさしい再生可能エネルギーの利用を進めるため、県と太陽電池メーカーの協働により住宅用太陽光発電設備の普及拡大を目指す。

(3)協定期間

令和元年11月8日(協定締結日)~令和3年9月30日

(4)締結事業者

  • シャープエネルギーソリューション株式会社
  • 京セラ株式会社
  • 三菱電機住環境システムズ株式会社
  • カネカソーラー販売株式会社
  • ソーラーフロンティア株式会社
  • ハンファQセルズジャパン株式会社

※なお、参加希望があれば、協定期間中でも新たな事業者と随時協定を締結する。

(5)内容

・住宅用太陽光発電設備の率先推進

   県内の太陽光発電の普及目標を掲げ、販売会社や施工店等と協力し、積極的に推進

・安心安全な施工

   住宅用太陽光発電設備の販売又は施工を3年以上行い、3年間で計30件以上設置した実績を有する販売店、施工店による安心安全な施工

・県民に対する丁寧な対応

   住宅用太陽光発電の設置に伴う県民の不安を解消するため、修理や維持管理などの各種相談に丁寧に対応

・販売会社、施工会社を県HPに掲載

   協定締結事業者が取り扱う住宅用太陽光発電設備を販売又は施工する事業者の一覧を県のHPに掲載

・共通ステッカーの作成

   県民への事業アピールとして、協定締結事業者には共通ステッカーを配付し、ロゴは名刺等にも活用

2 協定締結式の概要

(1)日時

令和元年11月8日(金曜日)13時30分~14時00分

(2)場所

環境部長室

(3)出席者

・シャープエネルギーソリューション株式会社

国内営業統括部  首都圏営業部  部長  江尻聡

・京セラ株式会社

ソーラーエネルギー営業部  国内東日本営業部

東日本住宅営業課副責任者  桝田  大輔

・三菱電機住環境システムズ株式会社 関越支社

商品冷熱部長  藤井  謙一

・カネカソーラー販売株式会社

企画統括部  副部長  桝田  乃

・ソーラーフロンティア株式会社

代理店販売部  東日本販売グループ  担当課長  仁禮  景久

・ハンファQセルズジャパン株式会社

PVシステム事業部  事業部長  東  洋一

・埼玉県環境部長  小池  要子

(4)内容

協定書の交換、懇談、写真撮影

3 過去の協定実績

(1)第1回(平成28年7月5日~平成29年3月31日)

  • 株式会社京セラソーラーコーポレーション
  • シャープ株式会社エネルギーソリューションカンパニー
  • 東芝コンシューママーケティング株式会社
  • 三菱電機住環境システムズ株式会社

(2)第2回(平成29年11月9日~平成31年3月31日)

  • シャープエネルギーソリューション株式会社
  • 京セラ株式会社ソーラーエネルギー事業本部ソーラーエネルギー国内営業部
  • 三菱電機住環境システムズ株式会社関越支社
  • カネカソーラー販売株式会社
  • ソーラーフロンティア株式会社

県政ニュースのトップに戻る