ページ番号:167939

発表日:2019年11月7日16時

ここから本文です。

県政ニュース

野生イノシシ用経口ワクチンの回収について

部局名:農林部
課所名:農業支援課
担当名:新規参入支援担当
担当者名:小林

直通電話番号:048-830-4051
Email:a4040-05@pref.saitama.lg.jp

  埼玉県では、豚コレラの感染拡大を防止するための取組として、11月1日(金曜日)に寄居町で経口ワクチンを設置し、11月6日(水曜日)に回収しました。

1  回収概要

〇回収日  11月6日(水曜日)

〇回収場所  11月1日に寄居町内に設置した10か所(200個)

〇確認方法  ワクチンを設置した場所で、イノシシによる摂取状況を確認

2  回収結果

設置した200個のワクチンのうち、129個(64.5%)がイノシシによって摂取されたと判断しました。

3  回収後の対応

ワクチン回収から5日後の11月11日から、寄居町内の対象地域においてイノシシの捕獲を再開し、設置効果の判定のため、国と連携して抗体検査を実施します。

4  その他

経口ワクチンは、国の食品安全委員会で安全と評価された成分や食品からできており、人体に安全であると評価されています。

【参考資料:野生イノシシ用経口ワクチンの回収について(PDF:1,468KB)

県政ニュースのトップに戻る