トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 精神科病院に入院(措置入院)中の患者が一時行方不明になった件について

ページ番号:168103

発表日:2019年11月12日12時

ここから本文です。

県政ニュース

精神科病院に入院(措置入院)中の患者が一時行方不明になった件について

部局名:保健医療部
課所名:疾病対策課
担当名:精神保健担当
担当者名:永添

内線電話番号:3565
直通電話番号:048-830-3565
Email:a3590-13@pref.saitama.lg.jp

令和元年11月11日10時8分、措置入院中の患者(50才代男性)を、加須保健所管内にて見失いました。保健所職員含む6人が同行し、主治医の了承の下、退院に向けた生活環境の確認をするため自宅に外出していた際に発生しました。

同日の14時に、加須保健所管内にて患者が発見され、医療機関での治療を再開しています。

なお、再発防止に向けて、行方不明となった経緯について、外出に立ち会っていた保健所職員から聞き取りを行い、検証を行います。

さらに、病状が安定し退院が間近な患者だとしても、外出については、事故発生を予防するべく万全を図るよう全保健所に徹底するととともに、今回の事案を踏まえ、全保健所に対して具体的な再発防止策について指導します。

措置入院

都道県知事は、精神保健福祉法の規定による診察の結果、その診察を受けた者が精神障害者であり、かつ、医療及び保護のために入院させなければ、その精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認めた時は、その者を精神科病院に入院させることができる。

県政ニュースのトップに戻る