トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 令和元年度  彩の国いち押しの取組事例発表会及び表彰式を開催します

ページ番号:168183

発表日:2019年11月14日14時

ここから本文です。

県政ニュース

令和元年度  彩の国いち押しの取組事例発表会及び表彰式を開催します

部局名:企画財政部
課所名:地域政策課
担当名:地域振興担当
担当者名:木部・持田

内線電話番号:2771
直通電話番号:048-830-2771
Email:a2760-02@pref.saitama.lg.jp

  県では、県内63市町村の地域振興やまちづくりに係る「いち押しの取組」を紹介するため、「県内市町村の地域振興施策取組事例集」を平成24年度から毎年作成しています。

  この事例集の中から、市町村相互の投票等により選ばれた5団体が事例発表を行い、外部審査員による審査で最優秀賞等を決定します。

  特に優れた事例を発表し表彰することにより、当該事例の優れた点や、新たな着眼点などについて市町村が相互に理解を深め、新たな事業の実施や既存事業の見直し等に活用することを目的として行います。

令和元年度彩の国いち押しの取組事例発表会及び表彰式

1 日時

令和元年11月19日(火曜日)13時45分~16時30分(開場13時30分)

2 場所

知事公館大会議室

(さいたま市浦和区常盤4丁目11-8)

3 内容

(1)発表会(13時45分~16時)

以下の5団体が取組事例の発表を行い、外部審査員の審査により最優秀賞等を決定します。

<発表団体:取組事例>※発表順

1.秩 父 市:手入れの遅れた私有林人工林の集約化推進事業

2.北 本 市:学校水泳指導民間委託事業

3.志 木 市:複数・少人数指導体制推進事業~スマート・クラス~

4.美 里 町:ICT&SIBの活用による健康長寿化と扶助費の増加抑制を可能とする飛び地連携型大規模ヘルスケア事業

5.富士見市:STEM(ステム)教育事業

<審査員>

有識者  国立大学法人埼玉大学大学院  人文社会科学研究科

          准教授  内田  奈芳美氏

国  内閣官房まち・ひと・しごと創生本部

     事務局次長  菅家  秀人氏

メディア  株式会社埼玉新聞社

             代表取締役社長  関根  正昌氏

民間  株式会社埼玉りそな銀行地域ビジネス部

        アドバイザー  後藤  順一氏

大学生  立教大学法学部  薬師丸正二郎特任准教授ゼミ

          萩原  英志氏

(2)表彰式(16時~16時30分)

  発表を行った5団体について、最優秀賞(1団体)、優秀賞(4団体)の表彰を行います。

<プレゼンター>

最優秀賞(1団体):埼玉県知事  大野  元裕

優秀賞(4団体):埼玉県市長会会長  富岡  清(熊谷市長)

                        埼玉県町村会会長  石木戸  道也(皆野町長)

【発表会・表彰式の詳細:添付資料(PDF:1,401KB)のとおり】

4 主催

埼玉県、埼玉県市長会、埼玉県町村会

5 県内市町村の地域振興施策取組事例集(電子版)について

各市町村が取り組む「いち押しの取組」の内容や事業のPRポイントなどを分かりやすく編集した事例集です。

下記の埼玉県庁ウェブサイトから事例集のPDFファイルがご覧になれます。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0106/jireishuu-ichioshi.html 

6 その他

当日の取材については、御面倒でも事前に担当あて御連絡くださいますようお願いいたします。

7 問合せ先

企画財政部地域政策課地域振興担当  木部、持田

電話:048-830-2771E-mail:a2760-02@pref.saitama.lg.jp

県政ニュースのトップに戻る