トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 「JA埼玉ひびきの・JAくまがや・JA花園」の農産物直売所出荷者が子ども食堂への野菜の寄贈を開始順次、取組に参加する単位JAの拡大を目指します

ページ番号:168264

発表日:2019年11月15日14時

ここから本文です。

県政ニュース

「JA埼玉ひびきの・JAくまがや・JA花園」の農産物直売所出荷者が子ども食堂への野菜の寄贈を開始順次、取組に参加する単位JAの拡大を目指します

部局名:福祉部
課所名:少子政策課
担当名:こどもの未来応援担当
担当者名:内田、大山

内線電話番号:3204
直通電話番号:048-830-3204
Email:kodomoouen@pref.saitama.lg.jp

玉ひびきの農業協同組合、くまがや農業協同組合、花園農業協同組合は、各組合が運営する農産物直売所の出荷者から近隣の子ども食堂等に対して野菜を寄贈する取組を、11月20日から開始します。

国農業協同組合連合会埼玉県本部(さいたま市浦和区高砂3-12-9)が、食品ロスの削減と埼玉県内の子供たちの豊かな成長に寄与するため、子ども食堂等に対し野菜を寄贈する取組について、埼玉県内の各農業協同組合に提案を行ってきたものです。

案に賛同した花園農業協同組合が、第一弾として10月10日から試行を実施し、それに引き続き、埼玉ひびきの農業協同組合、くまがや農業協同組合も順次試行を実施しており、試行の成果を踏まえ本格実施することとしたものです。

JAの農産物直売所出荷者組合員が子ども食堂に野菜を寄贈するのは、県北地区では初めてとなります。

玉県が寄贈者と寄贈先とのマッチングを行いました。

11月20日には、関係者が一堂に会し、花園農産物直売所において寄贈品贈呈式を行います。

今後は、今回の取組をモデルに位置付け、こども応援ネットワーク埼玉の団体会員である「JAグループさいたま(埼玉県農業協同組合中央会代表理事会長若林龍司)」が、こども応援ネットワーク埼玉の会員活動の一環として、同様の取組に参加する単位農協を拡大に向けて働きかけを行っていきます。

1 寄贈者及び寄贈先

各単位農協が運営する農産物直売所の近隣の子ども食堂等へ寄贈します。

埼玉ひびきの農業協同組合(代表理事組合長:金井幹雄所在地:本庄市早稲田の杜1-14-1)

【寄贈先】

(1)どんぐりこども食堂(本庄市)

(2)ジュニア・アスポート本庄教室(埼玉県の学習・生活支援教室・本庄市)

(3)神川町子ども食堂(神川町)

くまがや農業協同組合(代表理事組合長:吉田公一所在地:熊谷市箱田5-8-2)

【寄贈先】

(4)熊谷なないろ食堂(熊谷市)

(5)多世代ふれあい食堂HAPPYくまここ(熊谷市)

花園農業協同組合(代表理事組合長:松本博道所在地:埼玉県深谷市小前田1169)

【寄贈先】

(6)ふかやこども食堂まめっこ(深谷市)

(7)七つ梅こども食堂(深谷市)

2 寄贈品

農産物直売所出荷者の野菜他(量や品目は、時期により変動)

3 寄贈品贈呈式の日時・場所

日時

令和元年11月20日(水曜日)16時00分~16時55分

場所

花園農産物直売所(深谷市小前田553)

内容

関係者のあいさつ、寄贈品の引き渡し、フォトセッション

参加者

埼玉ひびきの農業協同組合

くまがや農業協同組合

花園農業協同組合

全国農業協同組合連合会埼玉県本部

埼玉県農業協同組合中央会

埼玉県子ども食堂ネットワーク加盟子ども食堂

彩の国子ども・若者支援ネットワーク

埼玉県福祉部

埼玉県農林部

県政ニュースのトップに戻る