トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 埼玉県内中小製造業 冬の賞与調査 支給予定額、予定月数とも前年同期に比べ減少 平均支給予定額  12,008円減 支給予定月数 0.01か月減

ページ番号:168274

発表日:2019年11月15日14時

ここから本文です。

県政ニュース

埼玉県内中小製造業 冬の賞与調査 支給予定額、予定月数とも前年同期に比べ減少 平均支給予定額  12,008円減 支給予定月数 0.01か月減

課所名:(公財)埼玉県産業振興公社
担当名:総務企画部研修・情報グループ
担当者名:井上・村岡

直通電話番号:048-647-4087
Email:spic@saitama-j.or.jp

公財)埼玉県産業振興公社では、県内中小製造業の冬季賞与支給予定について調査を実施しました。

今回の調査は、令和元年10月9日~10月28日の時期に、県内中小製造業2,000社を対象に、郵送による書面調査を実施し、有効回答数337社(回収率16.9%)の結果を取りまとめたものです。

調査概要は以下のとおりです。

前年同期との比較

  • 平均支給予定額404,407円(12,008円の減少(増減率 -2.9%)
  • 平均支給予定月数1.58か月(0.01か月減)

支給状況

  • 売上高が「減少」した企業の割合は18.0ポイント増加したが、賞与を「支給する」企業の割合は前年同期に比べ0.5ポイントの減少にとどまった。
  • 従業員規模別にみると、前年同期に比べ10人以上~39人の企業では「支給する」の割合が増加したが、10人未満の企業は減少した。
  • 「支給しない」理由は、58.7%が「業績の低迷・悪化」で、昨年同期(56.9%)に比べ、1.8ポイント増加した。

支給予定金額の分布

  • 支給予定額は「25万円~30万円未満」が13.5%と最も多い。

県政ニュースのトップに戻る