トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 知事と市町村長による「トップフォーラム」を開催します

ページ番号:168201

発表日:2019年11月14日14時

ここから本文です。

県政ニュース

知事と市町村長による「トップフォーラム」を開催します

部局名:危機管理防災部
課所名:危機管理課
担当名:危機管理担当
担当者名:野田・沖野

内線電話番号:8133
直通電話番号:048-830-8131
Email:a3115-02@pref.saitama.lg.jp

危機発生時に市町村が初動対応を適切に行うためには、平時からの備えを含め、トップである市町村長の役割が重要となります。

そこで、市町村長の方々を対象に自治体の防災力向上に生かしていただくため、実際に災害を経験された市長から御講演をいただく「トップフォーラム」を開催します。

今回は、昨年7月の西日本豪雨災害で被災された岡山県総社市の片岡聡一市長をお招きしています。本県でも10月の台風第19号により甚大な被害に見舞われたところですが、総社市の取組や実例に学び、今後の災害対応や復旧・復興に向けての取組の参考とします。

 

トップフォーラムの概要

1 日時

令和元年11月18日(月曜日)15時00分~16時30分

2 場所

埼玉県危機管理防災センター  第1、第2災害対策室

(さいたま市浦和区仲町3-5-8)

3 内容

(1)講演「大災害は市役所の実力テスト」

講師  岡山県総社市長  片岡 聡一 氏

※SNSを活用した効果的な災害情報発信など、トップ自ら行った災害対応についてお話しいただきます。

(2)意見交換講義内容を踏まえた総社市長、知事、市町村長との意見交換

4 主催

埼玉県、総務省消防庁

5 参加者

県内市町村長等

講師プロフィール

片岡 聡一(かたおか そういち)氏

  • 昭和34年8月2日生まれ(60歳)
  • 昭和59年、青山学院大学法学部卒業後、橋本龍太郎事務所入所
    内閣総理大臣公設第一秘書、内閣府行政改革・沖縄北方担当大臣秘書官などを歴任
  • 平成19年10月、総社市長就任(初当選)
  • 平成30年7月、西日本豪雨災害の際にトップ自らSNSを最大限活用し、河川の水位や避難所の状況等を随時発信するなど、迅速かつきめ細やかに情報を発信
  • 令和元年10月、総社市長4選

県政ニュースのトップに戻る