トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 第6回東京都市圏パーソントリップ調査の集計結果概要について

ページ番号:168849

発表日:2019年11月27日14時

ここから本文です。

県政ニュース

第6回東京都市圏パーソントリップ調査の集計結果概要について

部局名:都市整備部
課所名:都市計画課
担当名:総務・企画担当
担当者名:井上・髙山

内線電話番号:5337
直通電話番号:048-830-5337
Email:a5330-09@pref.saitama.lg.jp

  埼玉県を含む東京都市圏交通計画協議会では、平成30年9月から11月にかけて「人の動き」を調査する「第6回東京都市圏パーソントリップ調査」を実施し、東京都市圏全体で、約16万世帯、約31万人の方から回答をいただきました。調査対象者の皆様にはご協力いただき、誠にありがとうございました。

  この度、調査データの集計結果の概要がまとまりましたのでお知らせします。

<集計結果概要>

東京都市圏全体における今回の調査結果の特徴は以下の7点です。

  1. 総移動回数(総トリップ数)が調査開始以来、初めて減少に転じ、前回平成20年から約13%減少
  2. 外出率と1人1日当たりのトリップ数は、調査開始以来で最低
  3. 外出率はすべての年齢階層で減少、自営業や専業主婦等で大きく減少
  4. 1人1日当たりのトリップ数は、業務目的と私事目的で減少、通勤目的で増加
  5. 代表交通手段分担率は、東京区部及びその周辺では鉄道が増加、郊外部では自動車の割合が高くかつ増加
  6. 時間帯別トリップ数は、朝ピーク時は横ばい、昼間以降は減少
  7. 移動時間30分未満のトリップ数は減少、30分以上のトリップ数はほぼ横ばい

※詳細については、別添の国土交通省関東地方整備局記者発表資料(PDF:2,006KB)をご覧ください。

 

 

県政ニュースのトップに戻る