トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 外国人総合相談センター埼玉の対応言語を9言語からに11言語に拡充します  インドネシア語とネパール語を追加

ページ番号:168983

発表日:2019年11月28日14時

ここから本文です。

県政ニュース

外国人総合相談センター埼玉の対応言語を9言語からに11言語に拡充します  インドネシア語とネパール語を追加

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:多文化共生・NGO担当
担当者名:佐藤、藤江

内線電話番号:2714
直通電話番号:048-830-2714
Email:a2705@pref.saitama.lg.jp

課所名:(公財)埼玉県国際交流協会
担当者名:松本、木村

直通電話番号:048-833-2992
Email:jigyo-05@sia1.jp

内の在留外国人数は平成30年末で18万人を超えており、県民の約40人に1人が外国人という状況です。

県では、平成22年度から9言語で外国人からの生活相談等に対応する「外国人総合相談センター埼玉」を(公財)埼玉県国際交流協会に委託して運営してきました。

近年急増しているインドネシア及びネパール人への対応を充実するため、12月2日から対応言語を2言語追加し、11言語での相談を開始します。

外国人総合相談センター埼玉の概要

1 対応言語

11言語

英語、中国語、スペイン語、ポルトガル語、韓国・朝鮮語、タガログ語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語(※)、ネパール語(※)、やさしい日本語

※令和元年12月2日(月曜日)から新たに対応

2 受付時間

月~金曜日 9時~16時

3 受付内容

生活相談(電話による相談)

出入国制度、労働問題、法律問題、福祉関連の専門相談(対面・要予約)

4 相談連絡先

電話 048-833-3296

5 場所

埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-6-5浦和合同庁舎3階

6 運営方法

公益財団法人埼玉県国際交流協会に委託

※この事業は「外国人受入環境整備交付金」(法務省)を活用して実施するものです。

参考情報

1 県内在留外国人数

180,762人(全国第5位)

(対前年比8.1%増)

 

国名

人数(H30.12末)

対前年比

1

中国

70,384人

  7.3%増

2

ベトナム

22,912人

 20.7%増

3

フィリピン

20,410人

3.3%増

4

韓国

15,960人

1.5%増

5

ブラジル

7,283人

0.2%減

6

ネパール

6,282人

23.4%

7

ペルー

3,466人

0.8%減

8

タイ

3,323人

7.3%増

9

台湾

3,311人

4.0%増

10

インドネシア

2,935

23.8%

2 平成30年度の相談実績

(1)相談件数

5,664件

(2)相談の主な内容(相談件数、構成比)

1位 在留資格・帰化 1,779件(31.4%)

2位 医療・福祉・年金 959件(16.9%)

3位 仕事・労働 630件(11.1%)

県政ニュースのトップに戻る