トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 「健康寿命の延伸に向けた取組に関する協定」を締結 埼玉県立大学と加須市

ページ番号:168979

発表日:2019年11月28日14時

ここから本文です。

県政ニュース

「健康寿命の延伸に向けた取組に関する協定」を締結 埼玉県立大学と加須市

課所名:埼玉県立大学
担当名:研究・地域産学連携担当
担当者名:白田

直通電話番号:048-973-4120
Email:edec@spu.ac.jp

本学は、保健医療福祉分野の様々な課題解決に向けた教育・研究活動に積極的に取り組んでいます。

このたび、本学と加須市は、両者が密接に連携・協力して、健康寿命の延伸に向けた取組を進めていくため、下記のとおり「加須市と埼玉県立大学との健康寿命の延伸に向けた取組に関する協定」を締結することになりました。

本学は、今後も、様々な団体などとの連携を深め、「保健医療福祉分野における日本一の大学」を目指してまいります。

協定の調印式

1 日時

2019年12月6日(金曜日)9時00分~10時00分

2 場所

加須市役所3階 庁議室

3 出席者

加須市長 大橋 良一氏 ほか

埼玉県立大学理事長 田中 滋、同学長 萱場 一則

協定の内容

連携・協力事項

(1)健康づくりの推進に関すること

(2)保健事業の評価に関すること

(3)医療費の適正化に関すること

(4)健康づくり推進計画の策定と実施に関すること ほか

具体的な連携例

(1)健康寿命の延伸に向けた取組を進めるため、要介護認定結果を分析し、具体策を検討する。

(2)人工透析者の現状分析を行い、減少に向けた対策を検討する。

県政ニュースのトップに戻る