トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 埼玉県の賃金・労働時間及び雇用の動き(毎月勤労統計調査結果令和元年9月分・令和元年夏季賞与)

ページ番号:169058

発表日:2019年11月29日14時

ここから本文です。

県政ニュース

埼玉県の賃金・労働時間及び雇用の動き(毎月勤労統計調査結果令和元年9月分・令和元年夏季賞与)

部局名:総務部
課所名:統計課
担当名:労働学事担当
担当者名:森田佐藤渡邉

内線電話番号:2322
直通電話番号:048-830-2322
Email:a2300-06@pref.saitama.lg.jp

  9月の現金給与総額は、250,720円(前年同月比0.7%増)となり、4か月連続のプラスとなった。総実労働時間は、131.9時間(前年同月比2.3%減)となり、10か月連続マイナスとなった。常用労働者数は、2,161,379人(前年同月比1.7%増)となり、18か月連続プラスとなった。

  また、令和元年夏季賞与の1人平均支給額は、平成30年夏季賞与に比べ、6.4%増の349,565円となった。 

1 賃金

  現金給与総額は、250,720円(前年同月比0.7%増)となり4か月連続のプラスとなりました。物価変動の影響を除いた実質賃金は、前年同月比0.6%増となりました。

  現金給与総額の前年同月比を主な産業についてみると、製造業0.9%減、卸売業・小売業1.2%減、医療・福祉1.0%増となりました。

  なお、就業形態別の現金給与総額は、一般労働者は349,346円、パートタイム労働者は97,072円でした。

 

埼玉県

金額

指数の前年同月比

現金給与総額

定期給与

所定内給与

250,720 円

244,095 円

226,966 円

  0.7

1.1%

0.8%

4か月連続プラス

      4か月連続プラス

      4か月連続プラス

※9月の消費者物価指数(さいたま市 持家の帰属家賃を除く総合)は、101.6で前年同月比+0.3%

2 労働時間

  総実労働時間は、131.9時間(前年同月比2.3%減)となり10か月連続マイナスとなりました。

  前年同月比を主な産業についてみると、製造業3.2%減、卸売業・小売業4.7%減、医療・福祉4.9%減となりました。

  なお、就業形態別の総実労働時間は、一般労働者は165.6時間、パートタイム労働者は79.3時間でした。

 

埼玉県

時間

指数の前年同月比

総実労働時間

所定外労働時間

131.9 時間

  9.9 時間

 -2.3

 -4.8

10か月連続マイナス  

  8か月連続マイナス

3 雇用

  常用労働者数は、2,161,379人(前年同月比1.7%増)となり18か月連続プラスとなりました。

  主な産業について前年同月比をみると、製造業0.4%増、卸売業・小売業2.7%増、医療・福祉0.3%増となりました。

  なお、一般労働者は1,314,510人、パートタイム労働者は846,869人で、パートタイム労働者の比率は39.2%(前年同月差1.4ポイント増)でした。

 

埼玉県

人数

指数の前年同月比

常用労働者数

2,161,379

1.7

18か月連続プラス

 

4 夏季賞与

  令和元年6月から令和元年8月の3か月間に支給された夏季賞与(事業所規模30人以上)は、賞与を支給した事業所の1人平均支給額が349,565円(前年比6.4%増)となりました。所定内給与に対する割合は1.07か月分で、前年を0.02か月分上回りました。

  なお、全事業所における賞与を支給した事業所の割合は85.9%となり、前年を3.8ポイント下回りました。

  主な産業の平均支給額の前年比は、製造業同水準、卸売業、小売業16.5%増、医療、福祉2.3%減となりました。

 

埼玉県

金額

実数の前年比

支給労働者1人平均支給額

349,565

6.4

※ 毎月勤労統計調査(令和元年9月分)の埼玉県の調査結果(確報値)です。

※ 調査結果の数値は特に記載がある場合を除き、事業所規模5人以上、調査産業計の数値です。

※ 指数は基準時(平成27年平均)を100とした数値です。

この統計に関するホームページアドレス

『彩の国統計情報館』毎月勤労統計調査(月報、年報)のページ

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0206/a031/index.html

県政ニュースのトップに戻る