トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2019年11月 > 児童相談所と警察による児童虐待対応合同訓練の実施について  臨検・捜索模擬訓練を行います

ページ番号:168184

発表日:2019年11月14日14時

ここから本文です。

県政ニュース

児童相談所と警察による児童虐待対応合同訓練の実施について  臨検・捜索模擬訓練を行います

部局名:福祉部
課所名:こども安全課
担当名:総務・児童相談担当
担当者名:飯塚、乃美

内線電話番号:3362
直通電話番号:048-830-3335
Email:a3340-01@pref.saitama.lg.jp

児童虐待への適切な対応を図るため、児童相談所と警察による児童虐待対応の合同訓練を行います。

1 日時

令和元年11月19日(火曜日)午前9時00分から午後5時15分まで

2 会場

埼玉県警察学校(さいたま市北区植竹町1丁目804番地)

3 参加機関

県児童相談所、こども安全課

さいたま市児童相談所、さいたま市子ども未来局

県警本部少年課、県内警察署

さいたま地方検察庁

4 合同訓練の内容

午前は、児童虐待事案における臨検・捜索の模擬訓練を行います。訓練は、児童相談所、県警本部少年課及び各警察署が模擬家屋を使用し、模範演技、ロールプレイによる実践的な訓練を行います。

午後は、科学警察研究所犯罪行動科学部少年研究室宮寺貴之 室長による被害児童等からの聴取技法に関する講義を行います。

5 その他

訓練当日の取材は、午前9時00分から午後1時30分までと致します。

【臨検・捜索】

児童虐待が疑われる家庭において、保護者が児童相談所への出頭を拒否しつづけた際、裁判所の許可を得て、児童相談所職員が強制的に立入調査をすること。

要があれば、鍵を開け、住居へ立入ることもできます。

 

県政ニュースのトップに戻る