トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年11月 > 「家畜伝染病発生防止共同宣言」を知事に報告します~畜産農家と飼料会社が連携して伝染病発生を防止します~

ページ番号:186185

発表日:2020年11月5日11時

ここから本文です。

県政ニュース

「家畜伝染病発生防止共同宣言」を知事に報告します~畜産農家と飼料会社が連携して伝染病発生を防止します~

部局名:農林部
課所名:畜産安全課
担当名:畜産安全課
担当者名:加藤・宮田

内線電話番号:4174
直通電話番号:048-830-4174
Email:a4170-01@pref.saitama.lg.jp

埼玉県養豚協会、一般社団法人埼玉県配合飼料価格安定基金協会及び埼玉県配合飼料商協会が共同で「家畜伝染病発生防止共同宣言」を行ったことを報告するため、3団体の代表者が知事を表敬訪問します。 

表敬訪問の概要

1 日時

令和2年11月9日(月曜日)15時45分~15時55分

2 場所

知事室

3 来訪者

埼玉県養豚協会 会長 上原章男

一般社団法人埼玉県配合飼料価格安定基金協会 理事長 松本 邦義

埼玉県配合飼料商協会 会長 小山 喜一郎

4 報告内容

県内養豚場における豚熱発生から約1年が経ち、アフリカ豚熱の国内侵入リスクも高ある中、再びこれらの家畜伝染病が発生することがないよう関係者が一丸となって衛生対策の強化に取り組んでいます。

養豚農家が加入する埼玉県養豚協会と常日頃養豚農家に飼料を提供している飼料業者等が加入する団体が、一致団結して家畜伝染病の発生を防止するため共同宣言を行いました。

※共同宣言概要

  • 農場出入り時の車両消毒の徹底
  • 車両乗降時の手指、車内の消毒
  • 長靴への履き替え、シューズカバーの着用等

県政ニュースのトップに戻る