トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年11月 > マレリ株式会社 森谷会長から新型コロナウイルス対策の取組について知事に報告

ページ番号:186212

発表日:2020年11月5日14時

ここから本文です。

県政ニュース

マレリ株式会社 森谷会長から新型コロナウイルス対策の取組について知事に報告

部局名:産業労働部
課所名:企業立地課
担当名:企業誘致担当
担当者名:企業誘致担当

内線電話番号:3757
直通電話番号:048-830-3748
Email:a3900@pref.saitama.lg.jp

本県の立地企業であるマレリ株式会社の森谷会長が、自社の新型コロナウイルス対策の取組について報告するため、知事を訪問しました。

なお、マレリ株式会社(旧社名:カルソニックカンセイ株式会社)は平成20年5月、さいたま市内に本社・研究開発センターを立地しました。 

【参考:会社概要(PDF:111KB)

訪問の概要

日時

令和2年11月5日(木曜日)11時45分~11時55分

場所

知事室

来訪者

マレリ株式会社

会長 森谷 弘史(もりや ひろし)氏ほか

取組の概要

  • マレリ株式会社社員の有志(マレリ部課長会)による※「新型コロナウイルス感染症対策推進基金」への寄附(170万円)

         ※新型コロナウイルス感染症対策事業に関する医療従事者や医療機関の活動支援、検査体制の強化等を目的とした基金

  • 従業員の安全と健康を確保するために製作した「手を触れずに消毒できる」消毒液スタンド「フムトミスト」の県への寄贈(3基)
  • 7月より販売している猫をモチーフとした感染予防製品※「NEKO no TE(ねこのて) 」の県への寄贈(50個)

201105-1101

 

※不特定多数の人が使う電車のつり革やエレベーターのボタンなどを直接触れることなくつかんだり押したりすることができるグッズ

県政ニュースのトップに戻る