トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年11月 > 「埼玉県、所沢市及び株式会社KADOKAWAの文化・芸術等の観光コンテンツ活用等における連携・協力に関す る協定」を締結しました

ページ番号:186286

発表日:2020年11月6日15時

ここから本文です。

県政ニュース

「埼玉県、所沢市及び株式会社KADOKAWAの文化・芸術等の観光コンテンツ活用等における連携・協力に関す る協定」を締結しました

部局名:産業労働部
課所名:観光課
担当名:DMO支援・観光振興担当
担当者名:矢内、長竹、三浦

内線電話番号:3952
直通電話番号:048-830-3955
Email:a3950-01@pref.saitama.lg.jp

令和2年11月6日(金曜日)、大規模複合施設「ところざわサクラタウン」が日本最大級のポップカルチャー発信拠点として所沢市内にグランドオープンしました。

また、隣接地では、所沢市が観光情報の発信や地域特産品を販売・PRする施設の開設に向けて建設を進めています。

そこで、埼玉県、所沢市及び株式会社KADOKAWAが相互に連携・協力し、文化・芸術等のそれぞれの資源を観光コンテンツとして有効に活用することなどにより観光振興及び地域活性化を図るため、連携・協力協定を締結しました。

今後、各々が相乗効果が期待される本県の各地域の同様の取組との連携・協力にも努め、「埼玉カルチャー観光共和国」をキャッチフレーズとして全県での観光振興と地域活性化を図り、その魅力を国内外に広くアピールしてまいります。 

[参考] 締結式の様子(PDF:1,851KB)

1 協定の概要

(1)名称

「 埼玉県、所沢市及び株式会社KADOKAWAの文化・芸術等の観光コンテンツ利用等における連携・協力に関する協定」

(2)目的

埼玉県、所沢市及び株式会社KADOKAWAが相互に連携・協力し、文化・芸術等のそれぞれの資源を観光コンテンツとして有効に活用することなどにより観光振興及び地域活性化を図る。

2 協定の締結式

(1)日時

令和2年11月6日(金曜日)午前10時45分から午前11時00分

(2)場所

「ところざわサクラタウン」ジャパンパビリオンホールB

(3)出席者

埼玉県知事  大野 元裕

所沢市長  藤本  正人

株式会社KADOKAWA  取締役会長  角川  歴彦

                             代表取締役社長  松原  眞樹

3 主な連携・協力事項

(1)株式会社KADOKAWAが開設する「ところざわサクラタウン」を活用した文化・芸術・観光の振興

(2)所沢市が「ところざわサクラタウン」隣接地に開設する観光情報の発信や地域特産品を販売・PRする施設を活用した文化・芸術・観光振興

(3)埼玉県の地域における文化・芸術・観光振興に資する事項

(4)その他埼玉県の地域活性化に資するものとして3者が認めた事項

※上記に基づき、

  • 「サイトにおけるリンク等などによる観光情報の発信」
  • 「国内外の旅行博などにおけるプロモーション、県の主要観光地と『ところざわサクラタウン』を巡る広域周遊ルートの企画販売の働き掛け」等について連携・協力して取り組みます。

4 問合せ先

埼玉県産業労働部観光課 DMO支援・観光振興担当 矢内

電話:048-830-3955 FAX:048-830-4819

E-MAIL:a3950-01@pref.saitama.lg.jp

所沢市産業経済部商業観光課 築地

電話:04-2998-9155FAX:04-2998-9162

E-MAIL:a9155@city.tokorozawa.lg.jp

株式会社KADOKAWA 広報部

E-MAIL:pr-dept@kadokawa.jp

[参考]

1 株式会社KADOKAWAの概要

(1)所在地東京都千代田区富士見二丁目13番3号

(2)設立年月日  平成26年10月1日

(3)資本金  206億円

(4)会社役員  取締役会長  角川 歴彦

                     代表取締役社長  松原 眞樹  等

(5)主な事業  出版事業、映像事業、ゲーム事業、Webサービス事業、教育事業、MD事業、インバウンド関連事業など。

2 ところざわサクラタウンの概要

(1)施設概要

  • 建築工事着工  平成30年2月1日
  • 開業予定日  令和2年11月6日 ※令和2年8月1日に一部施設がプレオープン
  • 所在地  埼玉県所沢市東所沢和田三丁目31番地3
  • 面積等  土地面積約40,000平方メートル 、建築面積約25,000平方メートル 、延床面積約84,000平方メートル 、高さ39.65m
  • 主要構造  地上5階地下2階※M2階含む

(2)施設・運営概要

オープン済み施設

ア「角川武蔵野ミュージアム」(プレオープン)

  • 世界的建築家の隈研吾氏がデザイン
  • 外観は多面体の“岩デザイン”
  • 図書、美術、博物をまぜまぜにした展示がコンセプト。
  • 11月6日のグランドオープン時には、アニメ文化専門の「EJアニメミュージアム」や8メートルの本棚がそびえたつ「本棚劇場」などが一般公開開始。

イ「角川食堂」

  • 社員食堂でありながら一般のお客様も利用可能なレストラン
  • 地元で生産された新鮮な旬の食材を取り入れ、栄養バランスを考えた日替わり定食をリーズナブルな価格で提供。
  • シグニチャーディッシュの「角川食堂カレー」は従業員と料理長でスパイスの配合から協議して開発。

ウ「ジャパンパビリオン」

  • ライブステージやコンサート、eスポーツ対応の「ホールA」と映画上映やMICE利用対応の「ホールB」のふたつの施設からなるイベントホール。

エ「武蔵野坐令和神社」

(むさしのにます うるわしき やまとのみやしろ)

  • 邸内社として建立された新しい神社。通称は「武蔵野令和神社」(むさしのれいわじんじゃ)。建築デザインは隈研吾氏、命名は国文学者の中西進氏。「うるわしきやまと」COOL JAPAN をイメージ。アニメツーリズム協会が制定する「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」の1番札所としての役割も持つ。

オ「所沢キャンパス」

  • ワンフロア1,000 人規模の広大なKADOKAWA の新オフィス。飯田橋の「東京キャンパス」と並ぶ拠点として、今までにない新しいワークスタイルを実現。コロナ禍環境においても安心安全な職場環境を提供。

カ「EJアニメホテル」

  • アニメ等をテーマにして感動体験を提供(全33室)
  • 「好きな物語に、泊まる。」をコンセプトに、アニメをはじめゲーム、コミック、映画、特撮、アイドルなど、日本が世界に誇るあらゆるコンテンツの世界観を演出する体験型ホテル。
令和2年11月6日(金曜日)グランドオープン

キ「ダ・ヴィンチストア」

  • KADOKAWAの直営書店。「人と本をつなぐ新しい本屋」をコンセプトに、角川武蔵野ミュージアムやサクラタウンでのイベントと連動した商品展開を行うほか、グッズも販売。

上記のほか、「ラーメンwalkerキッチン」などショップ&レストランがグランドオープン時に開業予定。

3 所沢市が開設する観光情報の発信や地域特産品を販売・PRする施設の概要

(1)施設概要

  • 「ところざわサクラタウン」の隣接地に観光情報の発信と特産物のPR・販売等を行う施設を整備。
  • 駐車場及び大型バスの発着・転回場機能を持つ公共施設を整備。
  • 内外に魅力を発信すると共に、本施設を拠点として、周辺自治体へも回遊するような人の流れを作り出す魅力ある施設を整備。
  • 開業予定日  令和3年5月
  • 所在地  所沢市松郷143-3
  • 面積等  土地面積約8,200平方メートル、建築面積約1,000平方メートル、延床面積約   680平方メートル
  • 主要構造  軽量鉄骨造1階建
  • 駐車場  乗用車約130台、大型バス最大6台

県政ニュースのトップに戻る