トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2020年11月 > 浸水害を想定した下水道施設の災害対応訓練を実施します

ページ番号:186595

発表日:2020年11月16日11時

ここから本文です。

県政ニュース

浸水害を想定した下水道施設の災害対応訓練を実施します

部局名:下水道局
課所名:下水道事業課
担当名:管理運営担当
担当者名:森田・浜谷

内線電話番号:5464
直通電話番号:048-830-5453
Email:a5448@pref.saitama.lg.jp

近年、大雨による被害が日本各地で頻発しています。特に、令和元年東日本台風は、県内各所に浸水害をもたらしたほか、マンホールなどの下水道施設も被害が発生しました。下水道局では、例年、地震による被害を想定して災害対応訓練を実施していま

したが、今年度は台風等の大雨による災害への対応力を高めるため、浸水害を想定した訓練を実施します。

訓練では、県内の協定締結民間団体、市町・組合、下水道公社と連携し、災害発生時の対応手順を確認するとともに、習熟度の向上を図ります。

1 訓練実施日時

令和2年11月18日(水曜日)午前8時30分から午後3時頃まで(予定)

2 訓練対象施設

埼玉県流域下水道の幹線管路、全下水処理場(9か所)ほか

3 訓練の概要

(1)被害想定

 埼玉県に台風が接近し、直近48時間の降水量は各地で200mmを超える大雨となった。県内各地の下水処理場では、近隣河川からの溢水のおそれが生じているほかマンホールや下水管路が損傷するなどの被害が発生している。

(2)主な訓練内容

災害時復旧支援に関する協定締結民間団体と連携した応急対応訓練

ア 幹線管路(市街地での溢水への対応)実施場所:さいたま市内ほか

(1)市町・組合、下水道公社による被害状況の把握、協定締結民間団体への支援要請

(2)(公社)日本下水道管路管理業協会による管路内点検、汚水の移送など

201116-0801

イ 下水処理場等実施場所:新河岸川水循環センター(和光市)ほか

(1)下水道公社による被害状況の把握、協定締結民間団体への支援要請

(2)(一社)埼玉県建設業協会と連携した重機での土嚢作成、路面補修など

4 訓練参加機関

埼玉県、市町・組合56団体、(公財)埼玉県下水道公社、包括的民間委託事業者、(公社)日本下水道管路管理業協会、(一社)埼玉県建設業協会

 

県政ニュースのトップに戻る