トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2022年度 > 2022年5月 > 新型コロナウイルス感染症対策等に係る厚生労働副大臣への要望の結果について

ページ番号:216602

発表日:2022年5月27日16時

ここから本文です。

県政ニュース

新型コロナウイルス感染症対策等に係る厚生労働副大臣への要望の結果について

部局名:企画財政部
課所名:企画総務課
担当名:地方分権・政府要望担当
担当者名:堀、安藤

内線電話番号:2107
直通電話番号:048-830-2124
Email:a2110-01@pref.saitama.lg.jp

大野元裕埼玉県知事が佐藤英道厚生労働副大臣へ要望を行いました。

1 要望日時

令和4年5月27日(金曜日)14時15分~14時30分

2 要 望 先

佐藤(さとう) 英道(ひでみち) 厚生労働副大臣

3 要 望 者

大野(おおの) 元裕(もとひろ) 埼玉県知事     

4 要望内容

(1)基準病床制度等の見直し

(2)指定難病公費負担医療申請手続きのDX化早期実現

(3)看護師労働者派遣の規制緩和

(4)新型コロナウイルス感染症の後遺症(罹患後症状)

(5)発熱患者等の診療・検査に係る診療報酬の改善

(6)保健所の体制整備

(7)福祉施設への抗原検査キットの配布

(8)福祉施設における感染症対応かかり増し経費

(9)学校における教育活動を継続していくための変異株への対応

(10)障害者支援施設等の整備に対する国庫補助の充実

 要望書は別添のとおり

 IMG_2022052701

5 要望内容に関する問い合わせ先

(1)基準病床制度等の見直し

 保健医療部 保健医療政策課 企画・構想、大学附属病院担当 阪下 

 電話048-830-3526

 

(2)指定難病公費負担医療申請手続きのDX化早期実現

 保健医療部 疾病対策課 指定難病対策担当 持木 

 電話048-830-3562

 

(3)看護師労働者派遣の規制緩和

 福祉部 高齢者福祉課 施設・事業者指導担当 小村 

 電話048-830-3247

 

(4)新型コロナウイルス感染症の後遺症(罹患後症状)

 保健医療部 医療政策幹 新型コロナウイルス対策担当 加藤 

 電話048-830-7961

 

(5)発熱患者等の診療・検査に係る診療報酬の改善

 保健医療部 医療政策幹 新型コロナウイルス対策担当 島田 

 電話048-830-7961

 

(6)保健所の体制整備

 保健医療部 保健医療政策課 保健所・衛生研究所・県立大学担当 小暮

 電話 048-830-3229 

(7)福祉施設への抗原検査キットの配布

 福祉部 高齢者福祉課 施設・事業者指導担当 小村 

 電話048-830-3247

 

(8)福祉施設における感染症対応かかり増し経費

 福祉部 高齢者福祉課 施設・事業者指導担当 小村 

 電話048-830-3247

 

(9)学校における教育活動を継続していくための変異株への対応

 教育局 保健体育課 健康教育・学校安全担当 脇田 

 電話 048-830-6963

 

(10)障害者支援施設等の整備に対する国庫補助の充実

 福祉部 障害者支援課 施設整備・法人指導担当 渡辺

 電話 048-830-3556 

報道発表資料(ダウンロードファイル)

新型コロナウイルス感染症対策等に係る厚生労働副大臣への要望の結果について(PDF:211KB)

要望書(PDF:253KB)

 


県政ニュースのトップに戻る