トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2021年3月 > AI関連サービスの県内市町村における共同利用について

ページ番号:196116

発表日:2021年3月29日11時

ここから本文です。

県政ニュース

AI関連サービスの県内市町村における共同利用について

部局名:企画財政部
課所名:改革推進課
担当名:AI推進担当
担当者名:上田・米山

直通電話番号:048-830-2442
Email:a2440-11@pref.saitama.lg.jp

埼玉県と県内市町村で構成する埼玉県スマート自治体推進会議において、AI等新技術の活用により行政事務のデジタル化を推進するため、AI等新技術検討専門部会(以下「専門部会」という。)を設置し、令和元年度からシステムの共同利用・共同運用の検討を行っています。

専門部会において、音声テキスト化サービス及びAI-OCRサービスの共同利用を検討したところ、共同利用に参加を希望する市町村が複数見込まれたため、LGWAN-ASPとして提供される各共同利用サービスの公募型企画提案競技を実施しました。

このたび、参加団体及び契約先候補者が決定したため、公表します。

1  概要

  音声テキスト化サービス及びAIーOCRサービスの共同利用に参加する県内市町村向けに、単独導入と比較してメリットのある企画提案を公募するとともに、コスト面やサービス面など総合的に評価し、共同利用を行うサービスを選定する。

2  参加団体

(1)音声テキスト化サービス

18団体(川越市、川口市、行田市、秩父市、本庄市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、北本市、三郷市、蓮田市、坂戸市、小川町、川島町、美里町、上里町、寄居町)

(2)AI-OCRサービス

8団体(熊谷市、所沢市、加須市、草加市、入間市、北本市、ふじみ野市、寄居町)

※上記(1)(2)ともに埼玉県は、参加していません。

3  契約先候補者

(1)音声テキスト化サービス

株式会社アイネス

(2)AI-OCRサービス

株式会社日立システムズ

4  サービス利用開始時期

令和3年6月

※一部の先行契約団体を除く

《参考》

  • 専門部会ホームページ

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0104/ai/ai_kyodo.html

  • 音声テキスト化技術

AI技術を活用し、音声データをテキスト(文字データ)に変換する自動テキスト変換技術。会議の議事録や会議メモの作成などに活用し、業務効率化を図る。

  • AI-OCR

AI技術を活用したOCR(光学式文字認識Optical Character Recognition)。紙面を写した画像などを解析して、書かれている内容を文字データとして取り出す自動文字認識技術。紙帳票等をデジタルデータ化しペーパーレス化及び業務効率化を図る。

  • LGWAN-ASP

行政専用のセキュアなネットワークであるLGWANを利用して、地方公共団体向けに、各種行政事務サービスを提供するもの。

報道発表資料(ダウンロードファイル)

AI関連サービスの県内市町村における共同利用について(PDF:180KB)

県政ニュースのトップに戻る