トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2022年度 > 2022年6月 > 国際ロータリー青少年交換留学生が知事を表敬訪問

ページ番号:217101

発表日:2022年6月8日11時

ここから本文です。

県政ニュース

国際ロータリー青少年交換留学生が知事を表敬訪問

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:総務・グローバル人材育成担当
担当者名:福田・佐藤

内線電話番号:2711
直通電話番号:048-830-2711
Email:a2705-01@prf.saitama.lg.jp

 埼玉県は、世界を舞台に活躍できる「グローバル人材」の育成を促進しています。

 このたび、国際ロータリーが実施する青少年交換プログラムで海外の高校へ留学する高校生13名が知事を表敬訪問し、知事が留学生に埼玉親善大使を委嘱します。

 留学生には、留学先で埼玉県のPRを行うほか、埼玉県の皆さんに現地の様子を伝えるなどの様々な活動を通じて、埼玉県と世界をつなぐ友好親善の懸け橋となっていただきます。

●概 要

1 日 時

令和4年6月15日(水曜日)10時40分~11時10分

2 場 所

知事公館 大会議室

3 出席者

⑴ 国際ロータリー第2570地区(埼玉西北部)

 留学生5名(別紙参照)

 水村 雅啓(みずむら まさひろ)ガバナー 他役員13名

⑵ 国際ロータリー第2770地区(埼玉南東部)

 留学生8名(別紙参照)

 松本 輝夫(まつもと てるお)ガバナー 他役員8名

4 内 容

⑴ 国際ロータリー第2570地区役員紹介及び代表挨拶

⑵ 国際ロータリー第2770地区役員紹介及び代表挨拶

⑶ 青少年交換留学生挨拶

⑷ 知事挨拶

⑸ 埼玉親善大使委嘱状授与

5 参考情報

⑴ ロータリークラブについて

 国際ロータリーのメンバーである単位クラブである。

 日本国内のクラブ数は2,233(34地区)、会員数は8万4,135人である(2022年3月末現在)。

 ロータリークラブは、地域社会や世界各地で、留学支援や開発途上国への自立支援、地域の子どもたちのスポーツ大会の開催など、さまざまな活動をしている。

 このうち埼玉県は、第2570地区(荒川以西、50クラブ)と、第2770地区(荒川以東、74クラブ)の2地区がある。

 ※1905年にアメリカで設立された国際的な社会奉仕連合団体である。

 

⑵ 国際ロータリー青少年交換プログラムについて

 青少年が新しい文化や習慣に触れることによって、国際理解と平和を推進することを目的とする約1年間の相互交換的なプログラムである。

 青少年交換留学生は、受入れ国でホストファミリーと生活を共にし、学校に通うことが義務付けられている。交換留学生の滞在費や学費は、留学生を引き受けるホストロータリークラブが負担する。

 全世界で毎年約9千人以上の青少年交換留学生が世界中で生活し、勉学に励んでいる。

 

報道発表資料

国際ロータリー青少年交換留学生が知事を表敬訪問(PDF:136KB)

別紙(PDF:224KB)

県政ニュースのトップに戻る