ページ番号:44720

掲載日:2022年5月27日

ここから本文です。

表彰制度の概要

消防団員として多年にわたり消防業務に従事し、広く地域消防のリーダーとして、地域社会の安全確保、防災思想の普及、消防施設の整備その他の災害の防ぎょに関し尽力した消防団員(消防団)に対し、その功績を称えるため、国、県、埼玉県消防協会等で表彰を行っています。

表彰状を受けるコバトン

国の表彰制度

春秋叙勲

叙勲は、国家又は社会公共に対する功労の程度に応じて勲章が授与されます。

褒賞

消防団員では、多年消防業務に従事し、その功績が顕著であり、他の模範とな認められる者が「藍綬褒章」の対象となります。

消防長官表彰

「功労賞」「永年勤続功労賞」

毎年定例表彰として授与されます。どちらも、消防思想の普及、消防施設の整備その他の災害の防ぎょに関する対策、消防教育の実施についてその成績が特に優秀な者が表彰されます。

表彰旗、竿頭綬

消防思想の普及、消防施設の整備その他の災害の防ぎょに関する対策の実施についてその成績が徳に優秀で、かつ、他の模範と認められる消防機関(消防本部、消防団)が表彰されます。

消防庁消防団等地域活動表彰

団員数が増加し、平常時の活動が全国的に模範となる団体に表彰されます。

退職消防団員報償

1号銀杯・・・25年以上勤続して退団した者

2号銀杯・・・15年以上25年未満勤続して退団した者 

 その他

防災功労者内閣総理大臣表彰

防災週間行事の一環として、災害時における防災活動に顕著な功績のあった個人又は団体に表彰されます。

安全功労者総務大臣表彰

安全思想の普及徹底又は安全水準の向上のため、各種安全運動、安全のための研究、もしくは教育又は災害の発生の防止もしくは被害軽減に尽力し、又は貢献した個人又は団体が表彰されます。

消防功労者総務大臣表彰

国民の生命、身体、財産を災害から防護するため、郷土愛護の精神に基づき、消防活動、火災予防思想の普及等に献身的に尽力している消防団員等が表彰されます。

県の表彰制度

知事表彰

消防業務に貢献し、広く県民の模範となる功績のあった消防団員に表彰しています。 

周年表彰

埼玉県では、自治体消防制度発足を記念して、消防団員等を表彰しています。

平成30年11月に実施した自治体消防70周年記念式典では、1,231人の消防団員が表彰されました。 

公益財団法人埼玉県消防協会の表彰制度

他の模範となる消防団、消防団員に対し、毎年、表彰をしています。

 

 

 

お問い合わせ

危機管理防災部 消防課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

ファックス:048-830-8159

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?