トップページ > くらし・環境 > 環境・エコ > 公害 > 騒音 > 令和3年度航空機騒音常時測定結果について

ページ番号:25388

掲載日:2022年7月13日

ここから本文です。

令和3年度航空機騒音常時測定結果について

埼玉県では航空機騒音対策として、航空自衛隊入間飛行場周辺及び米軍横田飛行場周辺に航空機騒音自動測定局を設置し、騒音の常時監視を実施しています。

1測定・評価方法

(1)測定地点

入間飛行場南側・北側に計6地点、横田飛行場北側に計2地点、合計8地点。

(2)測定方法

各飛行場周辺において飛行する航空機の騒音について、24時間体制で自動測定を行いました。

(3)評価方法

時間帯補正等価騒音レベル(Lden)として、1日ごとの測定値をパワー平均して年度間のLdenを求め、環境基準と比較しました。

注:時間帯補正等価騒音レベル(Lden)

単発的に発生する騒音のエネルギーに、夕方(午後7時から午後10時)+5dB、夜間(午後10時から翌午前7時)+10dBの重み付けを行い、1日ごとの合計をパワー平均して求めた値(単位はdB)。

2測定結果

令和3年度航空機騒音調査結果(PDF:768KB)

お問い合わせ

環境部 水環境課 総務・騒音・悪臭担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎1階

ファックス:048-830-4773

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?