トップページ > くらし・環境 > 県民活動 > ボランティア > 災害ボランティアセンター支援に関する協定締結式について

ページ番号:194021

掲載日:2021年3月1日

ここから本文です。

災害ボランティアセンター支援に関する協定締結式について

ライオンズクラブ国際協会330-C地区及び埼玉県社会福祉協議会は、埼玉県知事立ち合いのもと、災害ボランティアセンター支援に関する協定締結式を行いました。

1日時・場所

令和3年2月16日(火曜日)16時00分から16時15分 知事室

2出席者

・埼玉県知事 大野元裕

・ライオンズクラブ国際協会330複合地区ガバナー協議会議長

 330-C地区ガバナー 森川明治郎

・元国際理事・GAT日本全域リーダー

 第5会則地域LCIFキャンペーン100国際委員会副委員長

 元地区ガバナー名誉顧問 中村泰久

・ライオンズクラブ国際協会330-C地区第1副地区ガバナー 藤井栄一

・ライオンズクラブ国際協会330-C地区キャビネット幹事団幹事 海野剛

・ライオンズクラブ国際協会330-C地区キャビネット幹事団事務局長 浅海弘和

・埼玉県社会福祉協議会会長 山口宏樹

3協定の概要

(1)名称

ライオンズクラブ国際協会330-C地区及び埼玉県社会福祉協議会との自然災害発生時における災害ボランティアセンター支援に関する協定

(2)目的

埼玉県社会福祉協議会が設置・運営する災害ボランティア支援センターへ、ライオンズクラブ国際協会330-C地区が物的・人的支援に協力し、自然災害発生時に迅速かつ効果的な支援活動を行うことを目的とする。

(3)内容

・災害ボランティア支援センターを経由して活動するボランティア等の移動や活動等に利用する車両(バス、軽トラック等)の提供

・災害ボランティア支援センター及び災害ボランティアの活動拠点に必要な設備及び災害ボランティア活動に必要となる資機材等の提供

・ボランティア支援拠点等で活動するボランティア等が利用する駐車場等の提供

・地区ライオンズクラブの会員が有する専門性等を活かした物的・人的支援の提供

・ボランティア支援拠点等におけるボランティアを対象とした飲食物(炊き出しや飲料等)の提供

・その他、両者が協議により必要とされた支援の提供

4知事コメント

ライオンズクラブから様々な支援がいただけることは、埼玉県にとっても心強い限りである。県社協が中心となってボランティアの受入れを行っていただいているが、今後も双方のノウハウをしっかり培っていただくことが大変重要だと思っている。県として、災害に対する万全な体制を敷くことが責務である。ライオンズクラブと県社協とともに手を携えて頑張っていくので、引き続き御協力をお願いしたい。

 

 

お問い合わせ

福祉部 社会福祉課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4782

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?