ページ番号:178571

掲載日:2022年1月20日

ここから本文です。

保健・医療提供体制確保計画について

県では、新型コロナウイルス感染症の第6波に備え、更なる体制の強化を図った保健・医療提供体制確保計画を策定しています。

検査・保健・医療提供体制の点検・強化について

県では、オミクロン株の感染拡大に対応するため、検査・保健・医療提供体制の確保について、更なる対策を推進しています。

検査・保健・医療提供体制の点検・強化について(PDF:686KB)

第5波と同程度の感染拡大が生じた場合の想定する最大値

少なくとも第5波と同程度の感染拡大が生じることを前提に、1日当たり最大新規陽性者数、最大要入院者数及び最大療養者数を推計し、計画を構築しました。

keikaku1

保健体制

感染規模に応じて保健所の体制を強化します。
健康観察・診療体制の強化として自宅療養者のリスクのレベルに応じて、保健所だけでなく、協力医療機関や宿泊・自宅療養者支援センターを活用し適切な健康観察を実施します。
24時間体制で複数の医師、看護師が常時、オンライン診療、往診、治療を提供できる体制を構築します。また、中和抗体薬の投与体制や経口薬を含む医薬品の提供体制を強化します。

keikaku2

医療提供体制

更なる病床確保を進めるとともに、医療機能を強化した宿泊療養施設を確保します。
宿泊療養施設については、回転率を向上させ、稼働率5割を目指します。
感染者急増時体制時には、入院待機施設としての酸素ステーションを開設し、4施設60床分を確保します。

keikaku3

お問い合わせ

保健医療部 感染症対策課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4808

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?