トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2021年度 > 2021年5月 > 看護協会からアルコールディスペンサー付きサーモカメラが寄贈されました。

ページ番号:198745

発表日:2021年5月26日11時

ここから本文です。

県政ニュース

看護協会からアルコールディスペンサー付きサーモカメラが寄贈されました。

部局名:保健医療部
課所名:保健医療政策課
担当名:保健所・衛生研究所・県立大学担当
担当者名:加納

内線電話番号:3230
直通電話番号:048-830-3230
Email:a3510-12@pref.saitama.lg.jp

アルコールディスペンサー付きサーモカメラを寄贈いただきました、公益社団法人埼玉県看護協会に、感謝状を贈呈します。
寄贈されたアルコールディスペンサー付きサーモカメラは、新型コロナウイルス感染症対策に活用するため、県内保健所に設置する予定です。

概要

寄贈品

アルコールディスペンサー付きサーモカメラ 13台
非接触で検温、アルコールの自動噴霧を行います。

 寄贈者

公益社団法人埼玉県看護協会(会長 松田 久美子 様) 

感謝状贈呈式

日時

令和3年5月26日(水曜日)13時10分~13時30分

場所

保健医療部 部長室

出席者

埼玉県看護協会
 会長 松田 久美子(まつだ くみこ)様
 事務局長 岩田 真一(いわた しんいち)様

寄贈者概要

埼玉県看護協会は、保健師、助産師、看護師・准看護師が会員の職能団体で、県民の健康な生活の実現に貢献するための活動を展開しています。
1947年 日本看護協会埼玉県支部として設立
1981年 日本看護協会の組織改訂定に伴い、社団法人埼玉県看護協会
2012年4月 公益社団法人埼玉県看護協会
2021年2月28日現在の会員数は、25,974人

報道発表資料(ダウンロードファイル)

看護協会からアルコールディスペンサー付きサーモカメラが寄贈されました。(PDF:129KB)

県政ニュースのトップに戻る