トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 臓器移植 > グリーンライトアップを実施しました☆

ページ番号:223285

掲載日:2022年10月19日

ここから本文です。

グリーンライトアップを実施しました☆

臓器移植医療への理解が広がることを願って、グリーンリボンデーの10月16日を中心に、全国各地の著名なランドマークや建物を移植医療のシンボルカラーであるグリーンにライトアップしています。
この光には、ドナー(臓器提供者)への感謝に加え、移植を待つ人たち、移植医療を支える医療者等へのエールの意味も込められています。

一人でも多くの人が“臓器移植”というテーマについて触れることで、臓器提供の意思表示について話し合いやすい環境を創出するため、県内でもグリーンライトアップを実施しました。

 

グリーンライトアップの様子

  • さいたまスーパーアリーナ 令和4年10月17日(月曜日) 日没30分前から午前0時

スーパーアリーナライトアップ

 

  • 埼玉スタジアム2002 令和4年10月16日(日曜日) 午後6時から午後10時

さいたまスタジアムライトアップ

臓器提供の意思表示 -Yesでもいい。Noでもいい。-

「臓器を提供」していただくことではなく、「臓器提供の意思表示」をしていただくことが移植を待っている患者さんの希望につながります。

対象

 どなたでも

意思表示の方法

お問い合わせ

保健医療部 疾病対策課 総務・疾病対策担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4809

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?