トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2022年度 > 2022年5月 > 第15回本多静六賞の表彰式について~受賞者は、中島 宏(なかじま ひろし)氏です~

ページ番号:216147

発表日:2022年5月20日11時

ここから本文です。

県政ニュース

第15回本多静六賞の表彰式について~受賞者は、中島 宏(なかじま ひろし)氏です~

部局名:農林部
課所名:森づくり課
担当名:森林活動支援担当
担当者名:中村、塩濵

内線電話番号:4301
直通電話番号:048-830-4301
Email:a4300@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、森林に関する学術研究や実践活動に尽力し、林学教育及び学術書の執筆、森林や公園の造成及びその指導等を通じ、社会に貢献した本多静六博士の精神を受け継ぐ個人又は団体を、「本多静六賞」として表彰しています。今回、受賞者の中島宏氏へ表彰状等を授与するとともに受賞者による活動紹介を行います。

表彰式

日時:令和4年5月26日(木曜日)14時00分~15時00分

会場:知事公館(大会議室)

出席者:受賞者、大野元裕知事、小川秀樹選考委員長、川上和宏久喜市副市長  

受賞者及び受賞理由

受賞者

中島宏(なかじまひろし)氏

さいたま市在住

造園技術者

受賞理由

(1)実践技術の研究や人材の育成・指導に貢献

多くの文化財庭園の植栽管理に携わり、その成果を論文にまとめ日本庭園学会賞を受賞。また、埼玉県において、ものつくり大学や技術講習会等で造園技術者を育成し

てきた。

(2)緑と共生する公園づくりの実践推進に貢献

長年にわたり公園行政に携わり、数多くの植栽計画・施工を実践した。また、埼玉県において、県営公園等のあり方や都市緑化計画に指導や助言を行った。

(3)社会に情報を発信し普及啓発と地域活性化に貢献

多くの技術書の執筆やテレビ・ラジオなどメディアを通じて人間と植物の共生や植物の魅力を発信し、地域の緑化フェアなど花と緑のイベントを通じて地域活性化に貢

献した。

 

(参考情報)本多静六賞の概要

趣旨:本多静六博士の功績をたたえるとともに、緑と共生する社会づくりを推進する。

対象:埼玉県にゆかりがあり、学術研究又は実践活動により緑と共生する社会づくりに貢献した個人又は団体

選考方法:本多静六賞選考委員会の選考を経て知事が決定

選考委員会:小川秀樹 委員長(株式会社埼玉新聞社相談役)他7名

過去の受賞者

第1回 山中 敬久 氏(林業経営者)

第2回 NPO法人埼玉森林サポータークラブ(森林ボランティア団体)

第3回 原 邦紘 氏(林業経営者)

第4回 斎藤 馨 氏(東京大学教授)

第5回 県立浦和高等学校同窓会(高校OBによる森林づくり活動)

第6回 太田 猛彦 氏(東京大学名誉教授)

第7回 石井 清允 氏(森づくり活動指導者)

第8回 岩田 洋 氏(埼玉森林インストラクター会顧問)

第9回 お菓子な郷推進協議会(菓子製造業団体)

第10回坂本 全平 氏(林業経営者)特別賞:久喜市立三箇小学校

第11回NPO法人ときがわ山里文化研究所(森林ボランティア団体)

第12回薗田 稔 氏(秩父神社宮司、京都大学名誉教授)

第13回関口 定男 氏(前ときがわ町長、埼玉県中央部森林組合顧問)

第14回栗原 慶子 氏(東吾野女性林研「ときめ木」会長)

報道発表資料(ダウンロードファイル)

第15回本多静六賞の表彰式について~受賞者は、中島宏(なかじまひろし)氏です~(ワード:92KB)

県政ニュースのトップに戻る