ページ番号:204068

掲載日:2022年7月26日

ここから本文です。

濃厚接触者について―熊谷保健所

熊谷保健所より濃厚接触者と言われたかたへ

<令和4年7月22日より、濃厚接触者の待機期間が感染対策を講じた日から5日間に変更になりました>>

2日目及び3日目の抗原定性検査キットを用いた検査(※)で陰性を確認した場合は、社会機能維持者であるか否かに関わらず、3日目から解除が可能になりました。

なお、令和4年7月22日時点で濃厚接触者であるかたにも適用されます。

※抗原検査キットは自費検査とし、薬事承認されたものを必ず用いてください。詳しくはお近くの薬局にご確認ください。

濃厚接触者とは

濃厚接触者 = 感染者からウイルスを受け取った(感染した)可能性が高い人

具体的に、患者の感染可能期間内(発症日の2日前から、診断後に隔離などをされるまでの期間)に、接触した者の内、次の範囲に該当する人とされています。

 ★患者と同居、あるいは長時間の接触(車内・航空機など)があった人

 ★適切な感染防護なしに患者を診察、看護もしくは介護した人

 ★患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い人

 ★その他、手で触れることの出来る距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防策(マスクなど)なしで15分以上接触があった人(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)

PCR検査について

感染の有無を確認するため、PCR検査を受けていただくことができます(無症状の方は、検査を受けず7日間の健康観察をする場合もあります)。

医療機関で検査・診察を受ける場合は必ずご自身が濃厚接触者であることを申し出てください。

PCR検査の費用

公費(検査実施料のみ)で受けることができます。  

薬の処方代や胸部レントゲン検査・CT検査等は公費の対象外です。

*加入の健康保険の規定にしたがった自己負担が発生します。(初診料等)

健康観察(自宅待機)について 

健康観察(自宅待機)期間 = 感染者と最後に接触した日の翌日から5日間

現在の技術では、感染しても体内でウイルスが一定以上増殖しない限り、検査で感染の有無を判定できません。

PCR検査が陰性でも、その濃厚接触者が本当に感染していないのか、それとも感染したけれど、まだウイルスが増殖する前なのかはわかりません。濃厚接触者には、検査結果が陰性でも潜伏期間に相当する間、健康観察・自宅待機をしていただく必要があります。

健康観察(自宅待機)中の生活

〇不要不急の外出をできる限り避けてください

〇1日2回(朝・夕)は体温と症状の有無を確認してください

〇感染防止の徹底を継続してください

〇発症のリスクを踏まえ、同居家族との生活を分けてください

よくあるご質問

Q:濃厚接触者と濃厚に接触した人(同居家族等)は濃厚接触者?

A:PCR検査で陰性と判定された濃厚接触者は、少なくともその検査の時点では、ウイルスを出していなかったとされます。したがって、その濃厚接触者と濃厚に接した人がいても、さらに濃厚接触者とされることはありません。

その他

濃厚接触者についての詳細は、下記リーフレットをご覧ください。

濃厚接触者について(熊谷保健所作成)(PDF:319KB)(別ウィンドウで開きます)

 

お問い合わせ

保健医療部 熊谷保健所 保健予防推進担当

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎2階

ファックス:048-523-4486

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?