ページ番号:6765

掲載日:2020年3月27日

ここから本文です。

水・環境ソリューションハブ

埼玉県が「水・環境ソリューションハブ」に登録されました

水環境技術の国際拠点として世界に情報を発信します

埼玉県は、平成25年3月28日、国土交通省が水・環境インフラの海外へのビジネス展開を推進するために設置した「水・環境ソリューションハブ」に登録されました。

今回の登録は、埼玉県の水ビジネスの取組、下水道局の持つ技術の先進性、海外視察団や技術者研修等の受入体制が評価されたものです。

埼玉県下水道局は、水・環境ソリューションハブの登録メンバーとして、下水道に関する技術、ノウハウを世界に発信し、埼玉県の水ビジネスを推進していきます。

登録証授与(2013年3月28日)


      登録団体:北九州市、大阪市、東京都、横浜市、神戸市、福岡市、川崎市、埼玉県、日本下水道事業団、

滋賀県、仙台市、名古屋市

  • 下水道局の計画の概要
    1. 中核施設:埼玉県荒川水循環センター
    2. 機能:水・環境ソリューションハブとして海外視察団、技術者研修等を受入、最新技術、人材育成、ノウハウ等を提供
      日本下水道事業団の技術開発研修施設と連携を図る。 

     

    ※1水・環境ソリューションハブ(WES Hub)

    平成22年度に策定された国土交通省成長戦略に基づき、日本の水・環境インフラの技術と政策を海外に積極的に提供していくため、国土交通省が平成24年4月に発足させたネットワークで、下水道分野で海外展開に先進的に取り組む地方公共団体等が認定されています。

お問い合わせ

下水道局 下水道事業課  

郵便番号330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目13番3号 衛生会館2階

ファックス:048-830-4884

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?