トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2021年3月 > 令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜、英語の学力検査における配慮が必要な受検生に対する検査時間の誤りについて

ページ番号:194654

発表日:2021年3月5日14時

ここから本文です。

県政ニュース

令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜、英語の学力検査における配慮が必要な受検生に対する検査時間の誤りについて

部局名:教育局
課所名:高校教育指導課
担当名:大久保・發智・小島・塩原

内線電話番号:6766
直通電話番号:048-830-6766
Email:a6760-03@pref.saitama.lg.jp

1 概要

令和3年2月26日(金曜日)、令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜の5時間目、県立高等学校1校において、聴覚障害等のある受検生に対して、英語の学力検査(リスニングテストを含む)の検査時間を66分で実施すべきところ、50分で終了した。

2 英語の学力検査

令和3年度埼玉県公立高等学校入学者選抜における英語の学力検査は、リスニングテスト13分、それ以外の記述問題37分の計50分で実施した。

ただし、聴覚障害等のある受検生に対しては、リスニングテストの内容を字幕により行う代替措置(29分)を講じた上で、それ以外の記述問題37分を確保した計66分で実施することとしていた。

 

(参考)英語の学力検査時間について

 

原則

字幕による

代替措置を

講じた場合

本件における

検査時間

リスニングテスト

13分

29分

29分

それ以外の記述問題

37分

37分

21分

合計

50分

66分

50分

3 原因

県は校長に対して、聴覚障害等のある受検生に対しては、リスニングテスト以外の記述問題の解答時間を37分間確保するよう指示していたが、当該校では職員への指示が徹底されず、配慮の必要のない受検生と同様に50分で検査を終了した。

4 今後の対応

当該高等学校長は、当該受検生に不利にならないよう選抜を行う。

報道発表資料(ダウンロードファイル)

県政ニュースのトップに戻る