トップページ > くらし・環境 > 防災・消防 > 危機管理 > 災害時の県有施設の受水槽の活用について

ページ番号:218663

掲載日:2022年7月29日

ここから本文です。

災害時の県有施設の受水槽の活用について

受水槽の水の活用について

大規模災害時には、住民の生命及び身体を守るために、水や食糧等を確保することが重要です。

このため、県では県営水道等のライフラインの強化と物資の備蓄を進めるとともに、県民の皆様には、自分自身の命を守るために最低3日分の水と食料を備えておくようお願いをしています。

この取組を補完するため、災害時には以下の県有施設において、受水槽の水を可能な範囲で被災住民に提供します。

受水槽の水供給可能な施設

施設リスト(PDF:108KB)

お問い合わせ

危機管理防災部 危機管理課 企画担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 危機管理防災センター2階

ファックス:048-830-8129

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?