トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 薬事 > 新型コロナウイルス感染症の経口治療薬提供体制の整備について(薬局専用ページ)

ページ番号:208030

掲載日:2022年9月27日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の経口治療薬提供体制の整備について(薬局専用ページ)

※ラゲブリオの薬価収載に伴い、9月16日より一般流通が開始されます。そのため、9月11日を最終受付とし、ラゲブリオ対応薬局リストへの掲載申請は終了いたしました。

新型コロナウイルス感染症の経口治療薬「パキロビット」の対応薬局リスト

埼玉県における経口治療薬(パキロビット)の対応薬局リストは以下のとおりです。

 

 

 

※本リストは、埼玉県が取りまとめた対応薬局リストのうち、薬剤の発注・調剤等が可能となっている薬局のリストです。

※本リストはそれぞれの更新日時点の情報ですので、医療機関等の皆さまにおかれましては、最新の情報をご確認ください。

 

経口治療薬の「パキロビット」を服薬するためには、登録を行っている医療機関において医師の処方を受ける必要があります。

そのため、県民の皆さまから経口治療薬(パキロビット)に関する各薬局へのお問合せはご遠慮ください。

薬局開設者の皆さまへ

パキロビッドパックの配分についてはこちらからお手続をお願いします。

 

 

経口抗ウイルス薬(ラゲブリオ®カプセル)の薬価収載に伴う医療機関及び薬局への配分等について

製造販売業者(MSD株式会社)において本剤の安定的な供給が可能となったことから、令和4年8月10日に開催された中央社会保険医療協議会総会の承認を得て、本剤が薬価収載されることになりました。

これを踏まえて厚生労働省から以下の事務連絡が発出されています。

1.当面の間の本剤の配分について
本剤が薬価収載された後も、薬価収載品としての本剤(以下「一般流通品」という。)の流通が開始されるまでの間は、「新型コロナウイルス感染症における経口抗ウイルス薬(ラゲブリオ®カプセル)の医療機関及び薬局への配分について」(令和3年12月24日付け事務連絡(令和4年7月1日最終改正)に基づき、引き続き、国が購入した本剤(以下「国購入品」という。)を配分することとします。
現下の感染状況に鑑み、本剤を必要とする患者に速やかに投与できるよう、適切な在庫の確保など、状況に応じた本剤の配分依頼をお願いします。


2.一般流通開始日及び一般流通開始以降の国購入品の取扱いについて
一般流通が開始される日及び一般流通開始に伴う国購入品と一般流通品の切替えに係る取扱いについては、追ってご連絡します。

 

 

ラゲブリオの薬価収載に伴い、9月16日より一般流通が開始されます。

そのため、ラゲブリオ対応薬局リストへの掲載申請は9月11日を最終受付とし、終了させて頂くことになりました。

た、「ラゲブリオ登録センター」を通じた現在の方法による配分は、9月15日15時までの配送依頼をもって終了し、以降の国購入品の配分は行わないこととなりました。

 

 

【参考】ラゲブリオ対応薬局リスト(9月15日時点)(エクセル:79KB)

 

※本リストは、埼玉県が取りまとめた対応薬局リストのうち、9月15日時点で薬剤の調剤等が可能となっている薬局のリストです。

※本リストは9月15日時点の情報ですので、リストに掲載されている薬局であってもラゲブリオを在庫していない場合があります。

※ラゲブリオ®カプセルは、一般流通されることになったことから、上記リスト以外の薬局でも在庫・調剤が可能となりました。
 


お問い合わせ

保健医療部 薬務課 販売指導担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?