各種相談窓口

ここから本文です。

献血は

血液は、今なお人工的に造ることはできません。皆様のご協力をお願いします。

献血の種類

成分献血

成分採血装置を用いて、自動的に血液中の血しょうや血小板だけを採血し、赤血球は返す方法です。最も回復の遅い赤血球を返すので、体への負担が軽く、1~2週間の間隔で献血できます。18歳から69歳の人が可能です(65歳以上の人は、60歳から64歳の間に献血経験がある人に限る)。

200ミリリットル・400ミリリットル献血

すべての血液成分を採血する方法(全血献血)です。200ミリリットル献血は16歳から69歳、400ミリリットル献血は男性は17歳から、女性は18歳から69歳の人が可能です(65歳以上の人は、60歳から64歳の間に献血経験がある人に限る)。

献血ができるところ

県内7か所の献血ルームのほか、街頭や大型ショッピングモールなどで献血バスによる移動献血を行っています。詳しくは、埼玉県赤十字血液センターのホームページをご覧ください。

「埼玉県赤十字血液センター」のページを見る

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?