トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 献血 > 献血について

ページ番号:97690

掲載日:2021年12月3日

ここから本文です。

献血について

なぜ献血が必要なのか

血液は、人間の生命を維持するために不可欠です。現在、血液の機能を完全に代替できる手段はないため、がん治療などの医療において輸血は欠かすことができない治療法となっています。

しかし、血液は人工的に造ることができず、長期保存もできません。また、1人あたりの献血回数や量には制限があります。

そのため、必要な量の血液を集めるためには、多くのかたの献血へのご協力が必要となります。

患者さんの命を救う献血にご協力をお願いします。

献血の種類について

成分献血

コバトンとエビオ君成分採血装置を使用し、血液中から自動的に血漿や血小板といった特定の成分だけを採血して、赤血球などの成分は再び体内に戻す献血方法です。

最も回復の遅い赤血球を体内にお返しするので、体への負担が軽く、1週間から2週間の間隔で献血できます。

400mL献血・200mL献血

血液中のすべての成分を採血する方法で、全血献血と言います。 

献血の基準について

  全血献血 成分献血
  200mL献血 400mL献血 血漿成分献血 血小板成分献血
1回献血量 200mL 400mL 600mL以下
年齢(*) 16歳から69歳

男性:17歳から69歳

女性:18歳から69歳

18歳から69歳

男性:18歳から69歳

女性:18歳から54歳

体重

男性:45kg以上

女性:40kg以上

50kg以上

男性:45kg以上

女性:40kg以上

血圧

最高血圧:90mmHg以上180mmHg未満

最低血圧:50mmHg以上110mmHg未満

脈拍 40回/分以上100回/分以下
体温 37.5℃未満
血色素量

男性:12.5g/dL以上

女性:12.0g/dL以上

男性:13.0g/dL以上

女性:12.5g/dL以上

12.0g/dL以上(赤血球指数が標準域にある女性は11.5g/dL以上) 12.0g/dL以上
血小板数 15万/μL以上60万μL以下
年間献血回数

男性:6回以内

女性:4回以内

男性:3回以内

女性:2回以内

成分献血合計で24回以内

(血小板成分献血1回を2回分に換算)

年間総献血量

200mL献血と400mL献血合わせて

男性:1,200mL以内

女性:800mL以内

共通事項

*65歳から69歳のかたは、60歳から64歳の間に献血経験のあるかたが対象です。

*以下のかたは献血に御協力いただけません。

  1. 妊娠していると認められるかた、又は過去6ヵ月以内に妊娠していたと認められるかた
  2. 採血により悪化するおそれのある循環器系疾患、血液疾患その他の疾患に罹っていると認められるかた
  3. 有熱者その他健康状態が不良であると認められるかた

 

 

献血の間隔について

前回の献血

今回の献血

間隔

200mL献血

200mL・400mL・成分献血 男女とも4週間後の同じ曜日から献血できます。
400mL献血

200mL・400mL献血 男性は12週間後、女性は16週間後の同じ曜日から献血できます。
400mL献血

成分献血 男女とも8週間後の同じ曜日から献血できます。
成分献血

200mL・400mL・成分献血

男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます。

※ 血小板成分献血では、血漿を含まない場合1週間後に血小板成分献血ができます。ただし、4週間に4回献血した場合は、次回まで4週間あける必要があります。

 

関連リンク

お問い合わせ

保健医療部 薬務課 薬物対策・献血担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎4階

ファックス:048-830-4806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?