トップページ > くらし・環境 > 防災・消防 > 防災対策 > 震災対策 > 令和5年度戸建て住宅の液状化対策研修会

ページ番号:209003

掲載日:2023年11月16日

ここから本文です。

令和5年度戸建て住宅の液状化対策研修会を開催しました

 平成23年に発生した東日本大震災では、これまでの想定を超える地震・津波が発生し、広域かつ甚大な被害を被りました。県では平成24~25年度に地震被害想定調査を実施したところ、液状化による建物の全壊・半壊棟数が最大で17,591棟と推定されています。

 そこで、液状化・地盤災害・土木災害の第一線で活躍されている、東京電機大学 安田 進 名誉教授に市街地および個々の住宅における液状化調査・対策の動向について解説していただきました。

 また、東日本大震災において実際に液状化の被害があった久喜市から、液状化対策の担当課の方をお招きし、当時の被災状況やその後の対策工事など、実体験に基づいた液状化対策についてお話しいただきました。

研修会概要

開催日時

令和5年11月14日(火曜日) 13時30分から16時30分まで

会場

埼玉教育会館 201・202会議室

所在地:さいたま市浦和区高砂3-12-24

 (JR浦和駅西口から徒歩約10分 バス利用の場合は「県庁前」バス停で下車)

内容

1.市街地および個々の住宅における液状化調査・対策の動向

 (講師:東京電機大学 安田 進 名誉教授)

2.東日本大震災における久喜市の液状化被害と対策について

 (講師:久喜市 建設部 都市整備課)

研修資料

1.市街地および個々の住宅における液状化調査・対策の動向①(PDF:9,587KB)

 市街地および個々の住宅における液状化調査・対策の動向②(PDF:9,556KB)

2.東日本大震災における久喜市の液状化被害と対策について(PDF:3,335KB)

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 開発指導・屋外広告物担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第二庁舎2階

ファックス:048-830-4881

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?