トップページ > しごと・産業 > 畜産業 > 申請・手続き > 家畜(牛)人工授精師養成講習会の開催について

ページ番号:192388

掲載日:2021年11月13日

ここから本文です。

家畜(牛)人工授精師養成講習会の開催について

※令和3年11月12日をもって受講受付は終了しました。

※次回の開催は令和5年度を予定しています。

開催概要

1  目的

家畜の改良増殖を促進し、畜産の振興を図るため、家畜人工授精師になろうとする者に必要な知識及び技術を習得させる。

2  受講資格

次の(1)又は(2)に該当する者

(1) 埼玉県内居住者であり、家畜人工授精師免許の取得後、家畜人工授精の業務に従事する見込みの者

(2) 埼玉県農業大学校の学生

3  開催期間及び日程

令和3年12月10日(金曜日)から令和4年3月1日(火曜日)の期間で、学科が10日間、実習が11日間及び修業試験が2日間

4  開催場所

埼玉県農業大学校

埼玉県熊谷市樋春2010番地

5  対象とする家畜の種類

6  講習の区分

家畜人工授精に関する講習会

7  講習及び修業試験の内容

(1) 講習

ア  学科

畜産概論 4時間、家畜の栄養 3時間、家畜の飼養管理 3時間、家畜の育種 7時間、関係法規 5時間、

生殖器解剖 5時間、繁殖生理 13時間、精子生理 7時間、種付けの理論 4時間、家畜人工授精及び家畜人工授精用精液の保存 17時間

イ  実習

家畜の飼養管理 4時間、家畜の審査 7時間、生殖器解剖 4時間、発情鑑定 6時間、

精液精子検査法 8時間、家畜人工授精及び家畜人工授精用精液の保存 45時間

(2) 修業試験

学科については筆記試験、実習については実地試験を実施する。

8  受講定員

14名

受講手続等

受講手続きの書類は、住所地を管轄する家畜保健衛生所に御提出ください。

受講手続きや受講時の順守事項等の詳細は、開催要領を御確認ください。

開催要領等

(1)開催要領(PDF:232KB)

(2)講習会日程(PDF:82KB)

(3)別紙様式1号(ワード:19KB)

(4)別紙様式1号別添(ワード:17KB)

(5)別紙様式2号(PDF:41KB)

(6)別紙様式3号(ワード:19KB)

(7)別紙様式4号(ワード:20KB)

(8)(参考)埼玉県家畜人工授精師養成講習会規定(別ウィンドウで開きます)

県内の家畜保健衛生所

中央家畜保健衛生所(北足立郡市、南埼玉郡市、北葛飾郡市)

川越家畜保健衛生所(入間郡市、比企郡市)

熊谷家畜保健衛生所(秩父郡市、児玉郡市、大里郡市、北埼玉郡市)

 

お問い合わせ

農林部 畜産安全課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 本庁舎5階

ファックス:048-830-4837

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?