ページ番号:178445

掲載日:2022年9月20日

ここから本文です。

フェロモントラップ等調査データ

この調査は、フェロモントラップや粘着板等を使用し、これらに誘引された虫を捕獲することにより、対象害虫の発生消長を知ることを目的としています。

また、誘殺数の増減と実際の被害の程度が一致しないことがあります。他地域のデータやほ場での発生状況を参考に、防除のタイミング等を総合的に判断してください。

更新日

令和4年9月20日

概要

対象害虫の誘殺数は、野菜のオオタバコガ、シロイチモジヨトウで平年より多くなっています。

普通作物

フタオビコヤガ(PDF:97KB)

ハスモンヨトウ(PDF:233KB)

果樹

果樹カメムシ類(PDF:142KB)

ナシヒメシンクイ(PDF:135KB)

野菜

オオタバコガ(PDF:164KB)

シロイチモジヨトウ(PDF:154KB)

ハスモンヨトウ:普通作物のハスモンヨトウを参照してください 

チャハマキ(PDF:92KB)

チャノコカクモンハマキ(PDF:95KB)

チャノホソガ(PDF:99KB)

お問い合わせ

農林部 病害虫防除所  

郵便番号360-0102 埼玉県熊谷市須賀広784 農業技術研究センター内

ファックス:048-539-0663

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?