トップページ > くらし・環境 > 消費生活 > エスカレーターの安全利用について

ページ番号:135576

掲載日:2022年9月27日

ここから本文です。

エスカレーターの安全利用について

「埼玉県エスカレーターの安全な利用の促進に関する条例」について

  令和3年10月1日から「埼玉県エスカレーターの安全な利用の促進に関する条例」が施行されています。

  本条例においては、県、県民及び関係事業者の責務を定めるとともに、エスカレーターの利用者及び管理者の義務を定めています。

利用者の義務(第5条)

  立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない。

管理者の義務(第6条)

  利用者に対し、立ち止まった状態でエスカレーターを利用すべきことを周知しなければならない。

  ※  罰則規定はありません。

条文はこちら

  埼玉県エスカレーターの安全な利用の促進に関する条例 (令和3年3月30日  条例第12号)(PDF:86KB)

左右両側に立ち止まろう!!

  エスカレーターを利用する方の多くが左側に立ち止まって右側を空け、急いでいる方が右側を歩行するという状況があります。

  エスカレーターの利用者の中には、けがや障がいなどの御事情により、右側の手すりにしかつかまれない方もいらっしゃいます。右側を空けた利用方法は、このような方が右側の手すりにつかまることが困難となり、転倒などの事故につながるおそれがあります。

  このような方も右側の手すりにつかまって安心・安全にエスカレーターを利用できるよう、エスカレーターは片側空けではなく、左右両側に立ち止まって利用しましょう。

条例施行1周年に伴う街頭キャンペーン

   大野知事をはじめ、エスカレーターの安全利用に関する研究を行っている文京学院大学の学生や、日本生命保険相互会社の社員などにもご参加いただき、浦和駅にて左右両側立ちを呼び掛けました。

  今後も県内主要駅にて街頭キャンペーンを予定しています。

  日時・場所
  • 令和4年9月26日(月曜日)8時00分~8時30分  浦和駅

エスカレーターキャンペーン4 2022

※大野元裕埼玉県知事(左)と中屋敷慎一埼玉県議会議長(左から2人目)

エスカレーターキャンペーン2 2022

  啓発グッズ

啓発ティッシュ2022

  エスカレーターの安全利用を呼び掛け左右両側立ちを周知するチラシやポケットティッシュを配布し、啓発活動を行いました。

チラシ

「左右両側に立ち止まろう!!」をキャッチコピーとし、安全な利用を呼び掛けるとともに、片側の手すりにしかつかまることができない方も利用していることを周知する内容となっています。

画像をクリックすると、ダウンロードできます。

エスカレーターチラシ2022(PDF:987KB)

また、当課で作成している消費者被害防止啓発資料「高齢者を守るお助けかわらばん」の裏面に掲載し周知を図っています。

エスカレーター事故防止動画 

エスカレーター動画2022

  急いでいる青年がエスカレーターを利用する際に、様々な方々が立ち止まって利用している様子を見て自分も立ち止まって利用しようと気付く内容になっています。テロップで条例や、エスカレーターの左右両側立ちを呼び掛けています。

  この動画は、埼玉県YouTube公式アカウント 「サイタマどうが」に掲載しています。

  また、NACK5スタジアムや埼玉スタジアム2〇〇2等の大型ビジョンやデジタルサイネージで放映されます。

クリックしてご覧ください。画像をクリックしてもご覧いただけます。

(※YouTubeへジャンプします。音が出ますのでご注意ください。)

 ラジオ放送やSNSによる発信

  FM NACK5によるラジオスポット放送や、県公式Twitterでも啓発を実施しています。

 埼玉県のこれまでの取組

「埼玉ご当地ヒーローズ」による普及動画

  日頃から埼玉県の魅力を発信してくれている、「埼玉ご当地ヒーローズ」が登場し、エスカレーターのきちんとした乗り方や安全なエスカレーターの使い方を子供たちにもわかりやすく御紹介します。

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/ouendan/heroes.html(「埼玉ご当地ヒーローズ」の紹介ページ)

  今回出演いただいた埼玉ご当地ヒーローズ※

  埼玉戦士さいたぁマン、航空戦士トコロザワン、彩光戦士サイセイバー、みやしろ戦隊ハナレンジャー、ローカル戦士センガタン、

   家計お助け戦隊FPレンジャー、坂東武人、武蔵・サイゾウ

 【悪役】:アクダーマ、リキマル、ギルブレン

    ※「埼玉ご当地ヒーローズ」とは

   埼玉県の平和と子どもたちの笑顔を守りながら、埼玉のPRに奮闘している10組のヒーローたち。

   (今回、埼京戦隊ドテレンジャー、稲穂戦隊スイハンジャー、田園戦隊かわじマンは御都合により欠席)

 ポスター

「エスカレーターでは立ち止まろう!!」をキャッチコピーとし、本条例の施行を周知するとともに、安全な利用を呼び掛ける内容となっています。

画像をクリックすると、ダウンロードできます。

  〇サイズ  A2

エスカレーター条例ポスター

(PDF:1,904KB)

 PRシール

  ポスターと統一感のあるデザインでPRシールを作成しました。

これは、エスカレーターの足元のステンレス部分に貼付し、安全な利用を呼び掛けます。

画像をクリックするとダウンロードできます。

  〇  サイズ  縦500mm×横100mm

エスカレーター条例PRシール

(PDF:905KB)

【エスカレーターへの貼付例】

貼付例2021

 

※ポスター及びPRシールのPDFデータをご活用の際は、デザインの改変や修正、切り取り等はご遠慮ください。

 

キャンペーングッズの貸し出し

  エスカレーターを管理する事業者を対象に、県のキャンペーンで使用したキャンペーングッズの無料貸し出しを行っています。積極的に御活用ください。

    貸し出しをご希望される場合は、当課までご連絡をお願いいたします。   

  • 横断幕

       サイズ  W2,400×H900  (mm)

        材質   ターポリン地(インクジェットフルカラー印刷)

        枚数   4枚

  • のぼり

        サイズ  W600×H1,800  (mm)

        材質  テトロンポンジ(カラー片面印刷)

        枚数  10枚

     ※お渡しするのは、のぼりの「布」のみです。竿はご用意ください。

  • たすき

        サイズ  W180×H1,600  (mm)

        材質  ターポリン地(フルカラー印刷)

        枚数  10枚

貸出グッズ

※貸し出しグッズのデザインは写真のとおりです。

 

街頭キャンペーン

  大野知事も参加し、県内主要駅で街頭キャンペーンを実施しました。

 県議会と共同での街頭キャンペーン

  3月8日が「エスカレーターの日(※)」と言われていることから、県では、この機会に改めて条例の趣旨を周知し、エスカレータ―の安全利用を啓発するため、県議会と共同で街頭キャンペーンを実施しました。

 ※1914年3月8日、東京・上野の大正博覧会の会場に設置された日本初のエスカレーターが試験運転されたことから、3月8日は「エスカレーターの日」と言われています。

  日時・場所 
  • 令和4年3月8日(火曜日)8時00分~8時30分  浦和駅

3月8日街頭キャンペーン2

  ※大野元裕埼玉県知事(中央左)と梅澤佳一埼玉県議会議長(中央右)

3月8日街頭キャンペーン1

 

 条例の施行における街頭キャンペーン
  日時・場所
  • 令和3年9月27日(月曜日)8時00分~8時30分  浦和駅、大宮駅、川口駅
  • 令和3年10月4日(月曜日)8時00分~8時30分  東川口駅、所沢駅、八潮駅、南越谷駅・新越谷駅
  • 令和3年10月5日(火曜日)8時00分~8時30分  北朝霞駅・朝霞台駅、川越駅、熊谷駅、久喜駅

20210927浦和1

20210927浦和2

  啓発グッズ
啓発チラシ、ティッシュ
  •   条例を周知するチラシやウェットティッシュを配布し、啓発活動を行いました。

 

 ラジオ放送やSNSによる発信

  FM NACK5によるラジオスポット放送や、県公式TwitterやFacebookでも啓発を実施しました。

 

 

エスカレーター「歩かず立ち止まろう」キャンペーンへの参加

  全国の鉄道事業者等と共同で、エスカレーターの安全利用を呼び掛けるキャンペーンにも参加しています。

  キャンペーンの詳細はリンクからご覧ください。

   外部サイト: https://www.jreast.co.jp/press/2022/20220714_ho01.pdf

 

お問い合わせ

県民生活部 消費生活課  

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階

ファックス:048-830-4750

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?