トップページ > 文化・教育 > 生涯学習 > 新埼玉県立図書館基本構想検討専門家会議

教育委員会

ここから本文です。

ページ番号:220022

掲載日:2022年9月1日

新埼玉県立図書館基本構想検討専門家会議

目的

新埼玉県立図書館基本構想検討専門家会議(以下「専門家会議」という。)は、新たな時代にふさわしい埼玉県立図書館の目指す在り方を実現するための基本的な機能をまとめた「新埼玉県立図書館基本構想」を策定するに当たり、専門家や関係機関の方々から御意見を頂くために開催するものです。

概要

設置根拠

委員

開催経過

第1回 

日時

令和4年8月10日(水曜日)  午後2時30分から午後4時30分まで

会場

オンライン開催

議事

県立図書館の役割(役割分担)

  • デジタル時代において担うべき役割
  • 広域行政として担うべき役割

会議資料

 会議の傍聴(オンライン)

受付締切 令和4年8月10日(水曜日)  定員に達した時点または午後4時30分のいずれか早い方まで

オンライン傍聴登録フォーム(受付を終了しました)

下記「会議の傍聴」をご確認ください。

埼玉会館での傍聴(モニター視聴)

受付開始  令和4年8月10日(水曜日) 午後2時00分から(午後2時20分に定員を超えた場合抽選)

受付場所  埼玉会館 4C会議室前(さいたま市浦和区高砂3-1-4)

定員  5名

下記「会議の傍聴」をご確認ください。

開催予定


第2回

令和4年10月(予定)

 

第3回

令和5年2月(予定)

 

 会議の傍聴

  1. 専門家会議は原則公開です。ただし、出席した委員の3分の2以上の多数で議決により非公開とする場合があります。
  2. 会議は埼玉会館(さいたま市浦和区高砂3-1-4)でのモニターによる傍聴と、オンラインによる傍聴が可能です。
  3. オンラインによる傍聴を希望するかたは、オンライン傍聴登録フォームに氏名及び電子メールアドレスを登録してお申し込みください。オンライン傍聴の定員は、オンライン会議システムの上限とします。通信状況の悪化等のおそれがある場合、オンライン傍聴の定員を制限したり、オンライン傍聴を中断したりすることがあります。
  4. オンライン傍聴の内容については、後日配信を行いません。
  5. 埼玉会館での傍聴(モニター視聴)の定員は、新型コロナウイルス感染拡大防止策を考慮し、開催の都度定めます。第1回の定員は5名です。
  6. 埼玉会館での傍聴を希望するかたは、埼玉会館 4C会議室前にお越しください。受付開始は会議開始予定時刻の30分前です。会議開始予定時刻の10分前に定員を上回る傍聴希望者がいた場合は、受付を締切り、抽選を行います。会議開始予定時刻の10分前に傍聴希望者が定員を超えない場合、先着順に定員に達するまで傍聴券を交付します。なお、傍聴は、専門家会議座長の許可を得た上で可能となります。
  7. 埼玉会館での視聴にお越しのかたは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、検温、マスクの着用、手洗い、アルコール消毒などの御協力をお願いします。また、発熱、その他体調が優れない場合は傍聴をご遠慮ください。
  8. 新埼玉県立図書館基本構想検討専門家会議傍聴要領(PDF:211KB)をご確認ください。

 

お問い合わせ

教育局 生涯学習推進課 社会教育施設企画調整担当

郵便番号330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 職員会館5階

ファックス:048-830-4964

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?